千代田区「神田警察通り」のイチョウ伐採 25日に着手 住民ら阻止へ気勢 

2022年4月23日 07時18分
 千代田区による区道「神田警察通り」のイチョウ伐採計画に住民が反対する中、伐採を伴う道路工事の安全を祈願する神事が二十二日、現地であった。区から工事を受注した会社が主催した。
 伐採に反対する住民は二十一日、手続きに不備があるとして区に監査請求をした。二十二日は、神事の会場近くで区職員が見守る中、住民らは反対を訴えた=写真。工事は二十五日に着手される予定。
 区の担当者は取材に「手続きに違法な点はないと思っている。監査委員から説明を求められれば応じる」と話した。また「工事は粛々と進める」とし、監査結果が出る前に着手する意向を示した。
 イチョウを保存しながら道路整備するよう求めてきた「神田警察通りの街路樹を守る会」の滝本幾子代表(72)は現地で取材に応じ「区議会に陳情も出しているのに強引に押し進めている。既成事実化しようとしている」と憤った。(井上靖史)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧