<新型コロナ>神戸・酒井選手陽性 Jリーグ選手で初

2020年3月31日 02時00分
 サッカーのJ1神戸は三十日、ディフェンダー(DF)の酒井高徳選手(29)=写真=がPCR検査で陽性反応が出たと発表した。Jリーグの選手で感染が確認されたのは初めて。感染経路は不明。酒井選手はクラブを通じ「サポーターの皆さん、スタッフ、その家族やご友人に、不安やご迷惑を掛けてしまい本当に申し訳ありません」などとコメントした。
 神戸によると、酒井選手は二十五日の夜中から三八度の発熱で体調不良を訴え、二十六日に兵庫県内の病院で「急性上気道炎」と診断された。二十八日にはにおいを感じないなどの症状があったため、医師の助言により兵庫県内の病院でPCR検査を実施、三十日午後に陽性と判定された。現時点で、他の選手、スタッフに新型コロナウイルス感染症や風邪の症状などがある者はいない。
 クラブは三十日午後六時すぎからオンラインで立花陽三社長らが会見。立花社長は「Jリーグおよびファンの皆さまにご迷惑、ご心配をお掛けすることになり大変申し訳ありません」と陳謝した。

関連キーワード

PR情報