[ピラミッド] 千葉県八千代市 今沢典子(66)

2022年4月24日 07時31分

◆わたしの絵本

イラスト・まここっと

◆300文字小説 川又千秋監修
[若者の愚痴] 三重県四日市市・公務員・43歳 水谷貴経

 「年寄りってさ、説教多いよな」
 「ほんとほんと。ダルい説教ばかりでさ、聞かされるこっちの身にもなってほしいよ」
 「しかもさ、ちょいちょい昔の自慢話まぜてくるのうっとうしくねぇ?」
 「分かるぅ。そんなさ、うちらが生まれてない昔の話されても困るってんだよ」
 「それもただの自慢じゃねぇよな。知らないと思って大げさに盛ってくるだろ? あれ、なんなんだろ」
 「『昔はよくテレビの上で寝ていたもんじゃ』なんて、ウソに決まってるじゃん! あんな薄くて不安定な所でどうやって寝るってんだよ」
 飼い猫たちが、何やら鳴いている。
 何を話しているのやら。
 何でもいいけど、仕事にならないから、パソコンのキーボードからは下りてほしい。

<評> 年配者が若者相手に得意げに語りがちなのが、昔話、自慢話、説教の三題だといわれます。でも、すでに、その内容が相手に通じなくなっているようです。人間界でも似たような例があるのでは?

[時間遡行(そこう)者] 名古屋市昭和区・主婦・56歳 菅千景  

 「お礼に、やり直したい過去へ戻してあげます」
 公園掃除で拾った小汚い人形。
 きれいに洗い、服のほつれを直した途端、不意にしゃべり出した。魔法使いの類いらしい。
 (やり直せる?)
 期待で胸が高鳴る。
 (なら、十代か? もっと勉強しておけばって何度も後悔したよな。いっそ赤ん坊もアリか?)
 あれこれ考えたが、未来を白紙に戻してまでやり直したい過去も勇気もなかった。しかし、人間の願いを叶(かな)えないと人形も役目が終わらないだろう。
 よし! これで、どうだ。
 「では、あなたを拾う前に戻してください」
 すると人形は浮かない顔で答えた。
 「だったら、私を拾わないでください。ご記憶にないでしょうが、そのご依頼、もう三回目なんです」

<評> もし、これまでの人生をやり直せるとしたら、あなたは、どの時点へ戻ることを願うでしょう? そんな究極の問いかけを含んだ作品。結局、問いと願いは、ぐるぐる行ったり来たりを繰り返すのかも?

関連キーワード


おすすめ情報