喜劇王 悲しすぎるよ 志村けんさん死去 コロナで急逝「危険身近に」

2020年3月31日 02時00分

「バカ殿様」の衣装でポーズを取る志村けんさん=2013年6月、東京都内で

 二十九日に七十歳で死去したコメディアンの志村けんさんは、世代を超えて多くの人を爆笑させてきた。海外メディアも「日本の喜劇王死去」と速報。また、志村さんが新型コロナウイルスの感染で急死したことに、市民は「あらためて危険性を身近に感じた」と話している。
 「本当に『まさか』と思いました」
 東京・新橋駅前で友人と待ち合わせをしていた横浜市青葉区の会社員斉藤孝志さん(71)は、ニュース速報で志村さんの死去を知った時、言葉を失ったという。「感染から亡くなるまであっという間だった。志村さんとは年が近いので、身近すぎる。危機感が強くなった」と険しい表情で話した。
 千葉県船橋市の高田進さん(49)は、志村さんの出演していたテレビ番組を次々と挙げ、「志村さんのお笑いを見ながら育ってきたからショックが大きい」と声を落とす。一方で「感染拡大を防ぐためにも、手洗いとうがいをしっかりします」と話した。
 外出中にスマートフォンのニュース速報で死去を知った文京区のパート従業員、川田三枝子さん(45)は「小さい頃からテレビで見ていたので、信じられない」と驚きを隠せない様子。同区の会社員女性(65)は「若者を中心に『自分は大丈夫』と楽観視する向きもあるが、高齢者や基礎疾患のある人に感染させてしまう恐れがあることを自覚してほしい」とくぎを刺した。 (山下葉月、藤川大樹)

◆加藤茶さん「日本の宝」

 二十九日死去したタレントの志村けんさんが所属した「ザ・ドリフターズ」のメンバー三人が三十日に発表したコメントは次の通り。
 加藤茶さん(77) ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。皆さんも身近に感じて、気を付けてくださるようお願い致します。
 仲本工事さん(78) ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が長さん(故いかりや長介さん)の次になるとは…。非常に悔しいです。
 高木ブーさん(87) 志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。三年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、「高木さんも八十歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃなぁ」って言ってたよね。また一緒にコントやりたかったのに。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

◆「努力の末成功した秀才」 小学時代の同級生・恵面さん悼む

小学生時代に志村さんと喜劇を演じた際の写真を手にする恵面光夫さん。写真の右の白い服を着ているのが志村さん=30日、東京都東村山市で

 志村けんさんの小学生時代の同級生で、出身地の東京都東村山市で飲食店を経営する恵面(えずら)光夫さん(70)は「努力の末に成功した彼には、天才よりも秀才という言葉がふさわしい」と悼んだ。
 恵面さんと志村さんは仲が良く、卒業時のお別れ会では級友や教職員を前に二人で喜劇を披露。落語をもとにしたストーリーで「教室は大爆笑に包まれた」。志村さんが初めて演じたコントだった。
 志村さんがザ・ドリフターズのメンバーになってからも、若いころは半年に一度は地元で顔を合わせた。「東村山音頭」がヒットした当時、実家の運送業を手伝っていた恵面さんは「トラックで全国のどこへ行っても志村けんの故郷の話題になった。無名だった東村山の名を広めてくれて『よくぞやった』という思いだった」と誇らしげに語った。
 「泣きも取れる芝居をしたい」。恵面さんには、一線で活躍するようになってからの志村さんの言葉が印象に残っている。常に表現方法を追求し、二〇〇六年に志村さんが始めた舞台「志村魂」には、その思いが込められていたという。
 一五年に志村さんの母和子さんが亡くなり、通夜の帰りに志村さんと話したのが最後となった。「次に自分が取材を受けるなら、志村さんの叙勲受章のときだと思っていたのに」と唇をかんだ。 (服部展和)

◆「国境超え笑い」台湾総統も追悼

 【ニューヨーク=赤川肇、パリ=竹田佳彦】志村けんさんの死去について、欧米メディアは「新型コロナウイルスで最初に亡くなった日本の国家的有名人」(ロイター通信)などと報じた。
 米紙ワシントン・ポスト(電子版)は、志村さんが二十日に病院搬送される直前まで仕事をしていたと指摘。ロイターは、志村さん死去のニュースが悲嘆とともに「多くの人に緊張をもたらしている」と伝え、英BBC放送も「愛するコメディアンの死で、誰にでも起きうることだと理解するだろう」と指摘した。
 仏紙レゼコーは「ほとんど生活リズムを変えずに危機を乗り越えたと思ってきた国民に、危機感を持たせたようだ」と伝え、日本人の危機意識が変わる可能性を示唆した。
 アジアでは、出演番組が放映されていた国や地域が多いこともあって志村さんの知名度は高く、中国や台湾、香港のメディアは「日本の喜劇王」の死去として詳細に報じた。台湾の蔡英文総統は「国境を超えてたくさんの笑いと元気を届けてくれてありがとう」とツイッターに投稿した。

関連キーワード

PR情報