沼津こいのぼり 狩野川緑地に今年は100匹 29日からフェス

2022年4月25日 07時11分

狩野川上空を泳ぐこいのぼり=沼津市で(昨年5月4日撮影)

 沼津こいのぼりフェスティバルが二十九日、沼津市中心部の狩野川緑地で始まる。二十五本のポールに掲げられた色とりどりの約百匹が泳ぎ、初夏の沼津市を彩る。コロナ感染防止のため規模を縮小するが、担当者は「初夏の風を感じながら、子どもたちの健やかな成長を願ってほしい」と呼び掛ける。
 市役所近くの「御成橋」から「あゆみ橋」付近の狩野川左岸約百四十メートルに、市民の寄付などによる百匹を掲げる。二年ぶりだった昨年同様、開催期間は例年の半月から七日間(昨年は五日間)に短縮。こいのぼりも密集を避けるため約三百七十匹から大きく減らした。市内の園児のこいのぼりや、干物やシーラカンスなどの変わり種の掲揚、ステージイベントも行わない。
 悪天候時は、こいのぼりを降ろす。同市東椎路の大型商業施設「ららぽーと沼津」内でもこいのぼりが掲げられ、写真展示も行われる。いずれも五月五日まで。(渡辺陽太郎)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧