躍動する沼津目指す 市長選再選 頼重さんに当選証書

2022年4月26日 08時16分

当選証書を受け取る頼重秀一さん(左)=沼津市役所で

 無投票となった沼津市長選で再選された頼重秀一さん(53)が二十五日、市役所で当選証書を受け取った。頼重さんは「二期目は『動きだす、つくり出す』をキャッチフレーズに躍動する市を目指す。『県東部は沼津市』と言われるようにする」と力を込めた。
 無投票での再選は「本来は政策で議論し、投票で選ばれる。無投票はこの四年間、すべてを背負う。その重責を感じている」。新型コロナウイルスや人口減少への対応、賛否が入り乱れ長年、前進しなかったJR沼津駅周辺の鉄道高架化事業など課題は多い。頼重さんは「来年は市制百周年。責務を果たし新たな百年に向かいたい」と話した。
 市選挙管理委員会の杉本喜三郎委員長は「公約を実現させ、市の発展に寄与してほしい。激務と聞くので、健康には留意を」と激励した。(渡辺陽太郎)

関連キーワード


おすすめ情報

静岡の新着

記事一覧