「桜を見る会」夕食会補塡問題 略式起訴された配川博之・元公設第一秘書の供述全文「不正、十分理解していた」

2022年4月26日 21時00分

2019年4月、「桜を見る会」で招待客と記念写真に納まる安倍首相(当時、中央左)と昭恵夫人ら=東京・新宿御苑で


◆後援会の収支報告書に載せる前提だった

このように、私は平成25年当時から、夕食会について、当初から後援会で主催し地元の後援会会員らが参加する宴会であって、後援会における活動として実施するという認識でしたし、夕食会の収支についても主催者である後援会に帰属するものであり、後援会の収支報告書に載せるという前提で乙と話を進めていました。ですから私は、夕食会の会計処理について当然、私が当時、代表者及び会計責任者を務めていた後援会で会計処理し、その収支についても後援会の収支報告書に記載すべきであると認識していました。
他方で、夕食会は東京都内のホテルで開催することとしていましたから、事前の事務的な面については、乙や、平成25年当時、安倍の●●秘書を務めていたAら議員会館事務所秘書らが、夕食会で提供される料理や会場などの選定や代金などについてホテル側と交渉して段取りすることとしており、ホテル側とのそれら契約関係や夕食会の費用の請求や支払いの手続も、乙やAらでまず対応することとしていました。そのため、当初は私も、いずれ後援会の収支報告書に記載する収支として具体的にどのような収支の費用や金額を記載するかなどについても、乙らにおいて検討するなどした上で、私に連絡をしてくることになるものと思っていました。

◆公表すればマスコミに逐一チェックされる

私は長年、地元事務所で安倍に関連する政治団体の会計責任者などとして、後援会などの会計を取りまとめるなどしていましたが、例えば、地元事務所で段取りをした上で、夕食会のような多数の参加者を募った大きな宴会を開催する場合には、特に公職選挙法で選挙人に対する寄付が禁止されていることとの関係で、宴会の収支が赤字となり、安倍側の持ち出しがでると問題になってしまうところを注意していました。
そのため、地元で宴会を開催する場合には、通常どのような内容の宴会にするか、どのような開催場所となるホテルなどと契約交渉するか、各参加者にいくらくらいの会費をどのように払ってもらうかといったことについて、金額や費目など収支報告書への記載方法などを含めた処理を念頭に置きつつ契約内容を考え、場合によっては、事前に選挙管理委員会などに問い合わせをして、公職選挙法に違反しないかどうか確認するなどの慎重な対応を取っていました。
特に後援会は、総理大臣たる安倍の主要な政治団体であり、その収支報告書を提出、公表すれば、マスコミなどから逐一、チェックされることになるので、実際に収支報告書に収支を記載する場合には、特に慎重な対応が必要であると認識していました。
後援会が例年地元で主催した後援活動である「新春の集い」などの宴会については、参加する後援会会員らからあらかじめチケット制によって会費を集めて、それら会費収入を後援会における収入として計上し、その宴会の開催のため実際にかかった飲食代や会場代などについては、その金額を後援会における支出として、それぞれ後援会の収支報告書に記載していました。
そのように、後援会の収支報告書にそれらの宴会の収支を載せる以上は、収支が赤字となって後援会の持ち出しが出ていれば、たちまち参加者に対する寄付を疑われることになってしまいますから、私はそのようなことにならないように、事前チケット制により会費を集めて収入の見通しを十分に立てた上で、実際にかかる飲食代や場所代等を含めて支出の総額が集めた会費による収入の総額を超えないよう、私なりに気を配って関係業者などと契約をするなどして、後援会としての持ち出しが生じないように配慮していました。

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧