テーマは「宇宙と生命」 木版画家・広瀬さんが太田で個展

2022年4月27日 07時54分

「月と生命」について説明する広瀬孝志さん(右)=太田市で

 邑楽町の木版画家、広瀬孝志さんの個展が、太田市小舞木町のギャラリー「かなやま」で開かれている。入場無料。二十七日は休みで、五月一日まで。
 約四十年、一貫している不変のテーマは「宇宙と生命」。邑楽町のアトリエから見慣れた身近な自然を独自の感性で表現した。
 会場には、空の表情や山川草木の息吹を個性的にフレーミングした四十数点が並ぶ。「月と生命」は神秘的な万物の誕生がイメージの最近作。青空と雲をバックに地平線まで続く無数のヒマワリが画面を埋め尽くす明るい作品は、生命力を感じさせる。開場は午前十時〜午後六時(最終日は午後五時)。(粕川康弘)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧