岸谷 香《東京 MY STORY》「呼びかけ」(世田谷区深沢/創立100周年記念式典(前編)

2022年5月11日 09時55分

ミュージシャンの岸谷香さんが、東京の街と体験を重ねて綴ります。人生の大半を東京で過ごしてきた岸谷香さんが、それぞれの時代の東京の街模様を、自らの体験や大切な思い出と重ねて書き綴るエッセーです。リアルだからこその共感あふれる連載です。

第12回 世田谷区深沢/創立100周年記念式典(前編)
「呼びかけ」

 深沢にある東京学芸大学附属世田谷小学校。この小学校が私に気付かせてくれた音楽の能力について、言い換えれば大失敗とも言えるエピソードを交えて書きましたが、今月は私がこの附小で体験した、とても貴重な行事について書いてみようと思います。
 私が3年生の時、東京学芸大学附属世田谷小学校は、創立100周年を迎えました。そして、記念式典が行われたのですが、これがまずとても大がかりな式典で、先生も生徒もかなり前から準備をし、一大事だったのを覚えています。メインは小学校ならではの呼びかけ。その文言を全校生徒から募集し、きっと呼びかけ原稿作成の先生方のチームがあったんでしょうね。もう何ページにも渡る大力作の呼びかけ原稿が、ある日配られ(紙ペラ数枚とかではなく、ちゃんと表紙で綴じられた台本のような立派なものだったと記憶しています)クラス毎にページが与えられ、そこでほぼ全員が何かしらのセリフを言えるように作られていて…だから、最初は各クラスで、それぞれに練習し、ポイントポイントで出てくる生徒全員で言う大セリフは、全体練習の時に合わせて。だから個人練習→クラス練習→全校練習と段階を踏んでの練習で、余計大がかりなイメージがついているのだと思われます。
 その台本の中には、いろいろな資料も掲載されていました。100年前の生徒の各学年の男女別平均身長と現在の生徒の平均身長の比較とか、給食の内容や制服、ランドセルの比較など。身長についてはどうしてハッキリと覚えているかと言うと、現在の生徒の3年生の女子の平均身長に、当時の私は程近かったからです! もう、1mm単位の僅差で、ドンピシャ平均身長の子(当時一番の仲良しの子)が比較対象の子供として写真に映っていて…羨ましかったですねー。理由はよく分からないけど、100周年の記念式典の台本に写真が載る…きっとクラス中の羨望の眼差しが注がれたに違いありません。
 そんな僅差で敗れてヘコんでいた私でしたが、ある日、終礼の会の時、カメラを持った先生がひょっこりとクラスに顔を出し、生徒達を見回して、私ともう一人の女の子を呼び出しました。指示されるままに、クラスの外に出ると、他のクラスからも何人かの男女生徒が制服の子、体操着の子、何人かずつ揃っていました。先生の後について校庭に出て、一人ずつ写真を撮られました。今だったら、いくら先生とは言え、理由も告げずに生徒を呼び出して写真を撮ったら、きっと大問題ですよね。でも当時はなんでもないある日の終礼の出来事でした。そして、呼びかけ練習は毎日進み、遂には児童館(体育館とは別の全校生徒分のイスがあり、保護者も入れる大講堂。第11回の前編ではガラポン会場として登場した場所です!)でのリハーサルまで辿り着きました。
もうみんな自分のセリフもしっかり頭に入っていて、立ち上がるタイミングやいくつもの決め事も滞りなくスムーズにできてきた段階のある日、呼びかけと連動したスライドショー(今で言うならパワーポイントでしょうか)が本番さながらにカシャッと、校内の美しい桜や藤棚、校庭の遊具や実験室や音楽室での実習の写真を写し出しました。それはそれは、大きな児童館の舞台に映し出された訳なので、その迫力は満点で生徒達は皆、呼びかけをBGMに食い入るように、その映像を見つめていました。呼びかけもクライマックス。ちょっと言葉使いや言い回しは定かでありませんが、「私達は」「私達は(全員)」「この附属世田谷小学校の生徒として」「どんな時も頑張る子」「頑張る子(全員)」この瞬間、夕陽に照らされ、斜め上を見上げている一人の生徒の顔のドアップが映り、そのクラスが大きくどよめき、「思いやりのある子」「思いやりのある子(全員)」また他の子のドアップ。そのクラスがまたどよめく…そして最後に「一生懸命な子(このセリフは確かです!!)」「一生懸命な子(全員)」の瞬間。なんと私のドアップが!!! 
びっくり以外の言葉が思いつかないのがもどかしいですが、とにかくあんなにびっくりした事は人生でそうない程のびっくりでした。
 私の周囲の子達はみんな「えーっ!?」って羨望の眼差しで振り返り、でも私もびっくりなので、何のリアクションも出来ず、とりあえず呼びかけを全力で全うしました。それは紛れもなく、あの日の終礼で呼び出されて撮影された生徒達の写真でした。それから2〜3回のリハーサル後、本番当日を迎えます。
 いったいどんな100周年記念式典になったのか、後編をお楽しみに!

★次回更新は、5月25日(水)更新予定です。
お楽しみに。



岸谷 香
1996年5月31日、武道館公演をもってプリンセス プリンセスを解散。
1996年結婚。1997年奥居香ソロとしてシングル「ハッピーマン」を発売し、ソロ活動をスタートさせ、アルバム「shout」「香」をリリース。
2001年子供を授かったことをきっかけに岸谷香に改名。その後13年間は育児を中心とする生活が続いた。2012年、東日本大震災復興支援の為、16年振りにプリンセス プリンセスを一年限定で再結成。
2014 年ソロの活動を本格的に新たにスタート。2015年6月24日シングル「DREAM」を発売、 2016年5月、10年ぶりのオリジナルアルバム「PIECE of BRIGHT」リリースし、「KAORI PARADISE」と題し、ひとり弾き語りライブを実施。2018年1月にはガールズバンドプロジェクトを立ち上げ、バンドサウンドでのミニアルバム「Unlock the girls」をリリース。2019年3月豊洲PITにて4回目になった、東日本大震災復興支援ライブ「The Unforgettable days」を実施。4月からはレギュラーラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」がスタート。
2020年2月には岸谷香感謝祭と題しゲストを迎えてのコラボライブを毎年実施。4月からは、ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」(第四水曜)がスタート。2021年2月ミニアルバム「Unlock the girls3-STAY BLUE-」をリリース。「岸谷香感謝祭2021」を開催、7月からはひとり弾き語りツアー「KAORI PARADISE2021」、12月はビルボード東京、大阪にて年末スペシャルライブを実施。
2022年は2月恒例の「岸谷香感謝祭2022」開催、5月からは3年ぶりになるバンドライブ55th SHOUT!ツアー、9月からはKAORI PARADISE2022が予定されている。

お知らせ
レギュラー
・ラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」
毎週金曜23:00〜スタート
・ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」
毎月第四水曜日22:00~スタート
LIVE情報
【Kaori Kishitani 2022 Live Tour 55th SHOUT!】
■2022年5月21日(土) 
名古屋ボトムライン  
開場 17:30 / 開演 18:00
<問合せ>サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00-18:00)
■2022年5月22日(日) 
大阪BIGCAT    
開場 16:45 / 開演 17:30
<問合せ>キョードーインフォメーション 0570-200-888(10:00-18:00)
■2022年5月28日(土) 
宮城・仙台Rensa      
開場 16:30 / 開演 17:00
<問合せ> GIP 0570-01-9999(24時間自動音声案内)
■2022年5月29日(日) 
東京EX THEATER ROPPONGI
開場 16:45 / 開演 17:30
<問合せ> DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00-19:00)
■2022年6月4日(土)  
沖縄ライブハウスモッズ  
開場 17:30 / 開演 18:00
<問合せ> PM AGENCY 098-898-1331(平日10:00-18:00)
 
※チケット全席指定 7,700円(税込・入場時ドリンク代別途必要)
※沖縄公演のみオールスタンディング、整理番号順入場
※3歳以上チケット必要
<一般発売> 2022年2月26日(土)10:00~
【sugarbeans感謝祭 〜つぶあんこしあんトレビアン大集結!〜】
日時:2022年7月28日(木)18:00 OPEN 19:00 START
会場: LIQUIDROOM
チケット料金:前売り \6,500(1ドリンク別)
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
(出演者第二弾発表)
岸谷香/堂島孝平/中田裕二/けんいち/大森靖子/riko/吉澤嘉代子/Tommy & Sammy ほか
―――――――――――――――――――――――――――――――
(出演者第一弾発表)
設楽博臣(Guitar)/千ヶ崎学(Bass)/張替智広(Drums)/伊沢麻未(Chorus) /湯本淳希(Trumpet)/中村尚平(Saxophone)/sugarbeans 
●一般発売<先着> 4/23(土)AM10:00
チケットぴあ:0570-02-999
【KAORI PARADISE 2022】 第一弾スケジュール
2022年
■9月3日(土)東京・たましんRISURUホール 
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月4日(日)神奈川・関内ホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月18日(日)兵庫・西脇市市民交流施設 オリナスホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月19日(月祝)福井・ハートピア春江
開場15:15/開演16:00 チケット料金 全席指定\5,000-
■9月24日(土)岐阜・不二羽島文化センター みのぎくホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月2日(日)埼玉・上尾市文化センター
開場15:00/開演15:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月15日(土)鳥取・境港市文化ホール シンフォニーガーデン
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月29日(土)山形・新庄市民文化会館
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,700-
■11月12日(土)東京・江東公会堂ティアラこうとう
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
※2歳以下膝上1名まで無料(座席が必要な場合有料)3歳以上はチケットが必要。
【KAORI PARADISE 2022宝くじ文化公演】
福島2公演は宝くじ文化公演となります。
チケットの販売は福島県在住の方のみが対象となりますので予めご了承ください。
■2022年10月9日(日)
福島・伊達市ふるさと会館 MDDホール
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月9日(土)
<問合せ>伊達市ふるさと会館MDDホール 024-583-3244

■2022年10月10日(祝月)
福島・サンライズもとみや
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月28日(木)
<問合せ>白沢公民館 0243-44-2350
【Mt.FUJIMAKI 2022】
2022年10月1日(土)
会場:山梨県・山中湖交流プラザ きらら
詳細はこちらまで http://www.mtfujimaki.com

関連キーワード


おすすめ情報