5・9戦勝パレードに「終末の日の飛行機」 核戦争指揮する特別機の参加を発表 ロシア、欧米をけん制か

2022年4月30日 22時17分
ロシア大使館の外に掲示された、ラトビア人が描いたプーチン大統領を模したアート=29日、ルーマニア・ブカレストで(AP)

ロシア大使館の外に掲示された、ラトビア人が描いたプーチン大統領を模したアート=29日、ルーマニア・ブカレストで(AP)

 ロシア国防省は29日、モスクワの「赤の広場」で5月9日に行われる第2次大戦の対独戦勝記念軍事パレードで、核戦争などの際にプーチン大統領らが指揮のために乗り込む特別機イリューシン(IL)80が参加すると発表した。ウクライナ侵攻でロシア側への非難を続ける欧米をけん制する狙いとみられる。
 IL-80は「終末の日の飛行機」と呼ばれ、軍事パレードに参加するのは異例。このほか大陸間弾道ミサイルの「ヤルス」などは例年通り展示される見通し。5月9日はロシアで最重要の祝日で、プーチン氏がウクライナでの「戦果」を発表するとみられている。

おすすめ情報

ウクライナ危機の新着

記事一覧