久喜題材パズルゲーム 特産ナシや伝統の提燈登場 地元中1・鳩貝さん「ぷよぷよ」アレンジ

2022年5月4日 07時45分

「ぷよ梨」と「ぷよ提燈」を制作した鳩貝さん=久喜市で

 久喜市特産のナシや伝統の祭りのちょうちんが登場するパズルゲーム「ぷよ梨」と「ぷよ提燈(ちょうちん)」が完成した。市立栗橋西中一年の鳩貝滉(こう)太郎さん(12)が小学校六年の時に制作。パソコンやスマートフォンで遊ぶことができ「楽しいので、ぜひ遊んでみて」と呼び掛けている。(寺本康弘)

「ぷよ梨」のゲーム画面

 ゲーム大手セガの人気パズルゲーム「ぷよぷよ」をアレンジし、画面の上から落ちてくるナシやちょうちんの種類を見分け、同じ種類を四個そろえて消すと得点になる。ナシは「あきづき」「幸水」「彩玉」など市内で生産されている代表的な五種類、ちょうちんは七保存会の七種類が登場する。
 セガはプログラミングの基礎学習の目的で「ぷよぷよ」をコンピューターに作動させるソースコードを公開しており、これを使って作った。
 制作のきっかけは、月に二回ほど通っている市内のプログラミング塾「ZUMILABO(ズミラボ)」の指導者広住(ひろずみ)仁さん(48)から、青森県がリンゴのPR目的で作成した「ぷよりんご」というゲームを教えてもらったことだった。ゲームに使う画像は、広住さんが久喜市観光協会に依頼して提供してもらった。

「ぷよ提燈」のゲーム画面

 もともとゲーム作りが好きな鳩貝さん。小学校三年のころから子ども向けプログラミングソフト「Scratch(スクラッチ)」で作り、公開作品は四十を超える。
 毎朝三十分、ゲーム作りに励み、今はロールプレーイングゲーム(RPG)を作っている最中だ。広住さんは「こちらの教えるネタがなくなるぐらい吸収し、いつもどんどん独学で作ってびっくりさせられている」と舌を巻く。今回ゲームを公開しているホームページも、鳩貝さんが自分で作ったという。
 ゲーム作りについて、鳩貝さんは「自分の思い通りに動かすことが成功したときが面白い」と話し、将来の夢は「プログラマーになりたい」と目を輝かせる。
 「ぷよ梨」と「ぷよ提燈」はネットで公開されており、無料で楽しめる。市観光協会のトップページからアクセスできる。

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧