電車の換気 ようやく発車 新型コロナで鉄道各社が窓開け運行

2020年3月11日 11時22分

新型コロナ対策で少し開いている地下鉄の窓=東京都台東区の上野駅で(東京メトロ提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、換気のために窓を開けて運行する電車が出始めている。政府による小中高校の一斉休校の要請や中国・韓国からの入国制限などが大々的に行われる中、満員電車内の感染対策はこれまであまり目立っていなかった。鉄道各社の動きは、どのように生じたのか。(片山夏子)

◆車内換気を望む利用者の声で

 小田急電鉄は先月二十九日から、混雑時に駅員が窓を開けたり、車内放送で乗客に窓を開けるよう呼び掛けたりしている。送風機を回して運行することもある。テレワークや小中高の休校で、二月のラッシュ時の新宿駅の乗客は一月より二割強減少しているが、混雑する時間帯はあり、換気を望む利用者の声が多く寄せられたという。「花粉症や寒いという意見もあるが、大半の方は理解していただいている」と担当者。
 東京メトロも今月四日から、朝夕の利用者の多い時間帯に、乗務員が各車両二カ所程度の窓を開けている。広報課の内藤遥佑氏は「空気の滞留を防ぐため『車内換気をしてほしい』などとお客さまから要望があり、社内の対策本部会議で検討して車内換気をすることになった」と説明する。

◆窓の開かない新幹線・特急には常時換気装置あり

 JR東日本は既にドア開閉などで換気しているが、乗客が窓を開けられることも五日から車内放送で流し始めた。広報部の駒場準貴氏は「窓が開かない新幹線や特急には常に換気する装置があり、在来線も走行に伴う換気やドア開閉で一定の空気の入れ替えができている。乗客が窓を開けることもできるが、花粉症の人などもいるので周りに配慮していただくようお願いしている」と話す。
 関西でもJR西日本が九日から特急以外の在来線で、手で窓を開けられるという車内放送を始めた。大阪メトロは「駅間が短いのでドア開閉で換気はされている。ただ、関東で窓開けが始まり、乗客の要望があるため検討する」という。
 名古屋では、市営地下鉄が四日から換気扇を常時回している。市電車運転課の森雅彦氏は「少しでも空気の流動を作り、密室にしないようにし、乗客のリスクを少しでも減らす」と話している。

◆厚労省「効果のほどは分からないが換気した方がいい」

 いずれも、政府からの要請を受けて決めたわけではないという。効果があるのか、厚生労働省結核感染症課の加藤拓馬課長補佐に聞いてみると、「満員電車で明らかに広がった事例はなく、鉄道における換気の効果のほどは分からない。ただ集団感染を防ぐためには、換気が悪く、不特定多数の人が接触する恐れが高い場所は避けるべきであり、換気はした方がいいだろう」ということだった。
 ネットでは早くから「学校は休校にしたけど、通勤電車はそのまま」「感染するかもしれない満員電車のストレスに耐えられない」といった声が出ていた。「花粉症なんだよ 窓開けないで」という人もいたが、「窓を開けましょう」と積極的に呼び掛ける人も。利用者の声を受け、鉄道会社が自主的に始めた換気が広がっているようだ。

◆政治評論家「政府は無責任に自主規制求めてばかり」

 政治評論家の有馬晴海氏は「政府の対策は一貫性がなく、責任を取らない範囲で自主規制を求めるだけ。満員電車対策も、経済や社会活動を止めない程度にテレワークや時差出勤をお願いし、あとは鉄道会社に任せきりだったのだろう。今回のような感染症は、対策が徹底されない穴があれば、そこから広がる。無責任に自主規制をお願いするばかりでは、何の対策にもならない」と苦言を呈する。
(2020年3月10日朝刊「特報面」に掲載)

関連キーワード

PR情報

社会の最新ニュース

記事一覧