鉄道開業150年事業 西武鉄道・ラビュー、秩父鉄道・SL 晴天下で気笛吹鳴コラボ

2022年5月8日 16時31分

西武鉄道の特急ラビュー(右)の横を気笛を鳴らしながら通過する秩父鉄道のSLパレオエクスプレス(左)=西武秩父線の西武秩父駅で

 西武鉄道の特急Laview(ラビュー)と秩父鉄道の蒸気機関車(SL)パレオエクスプレスが互いの気笛(きてき)を高く吹き鳴らす「気笛吹鳴(すいめい)」が七日、西武秩父線の西武秩父駅(秩父市)であった。
 鉄道開業百五十年の記念事業の一環。二〇一九年に運行が始まったラビューと、一九四四(昭和十九)年製造のSLパレオエクスプレスの共演を通してこれからの鉄道の安全を誓う意味も込めて実施した。
 午後零時二十分ごろ、御花畑駅を出発した三峰口行きパレオエクスプレスが、近接する西武秩父駅を煙を吐き出しながら長い気笛を鳴らして通過。同駅に停車中の池袋行きラビューが長い気笛で応えた。西武鉄道の駅員らもホーム上で敬礼して見送った。
 穏やかな晴天に恵まれたこともあり、両駅には多くの鉄道ファンも詰め掛け、通過の様子を熱心にカメラに収めていた。(久間木聡)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧