<新型コロナ>公共施設、小中高生お断り 加須市「感染リスク高まる」

2020年3月3日 02時00分

小中学生の公共施設への入館拒否を知らせる張り紙=2日、埼玉県加須市立加須図書館で

 埼玉県加須市が、小中学校の臨時休校を受け、今月末まで図書館など市内の公共施設への小中学生の入館を拒否する方針を取っていることが分かった。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためとするが、図書館からの排除は、さまざまな人を広く受け入れる図書館の理念に反すると批判の声も出ている。
 加須市内の図書館や公民館、体育館などに張り出されたチラシには「小・中学生の市内各公共施設への入館をお断りさせていただいております」と記載されている。市によると、市長や教育長がメンバーの対策会議で二月二十八日に決めた。担当者は「臨時休校で子どもが集まってしまい、教室と同じように感染リスクが高まる」と説明。二日に高校生も対象に加えた。
 市立加須図書館では二日午前、親子連れが図書館を訪ねようとしたが、張り紙を見て入館せずに帰っていったという。
 県内では、入間市も同様に図書館など一部の公共施設で小中学生を受け入れない決定をし、対象施設に三月中は利用できないとする張り紙を掲出した。
 公益社団法人日本図書館協会図書館の自由委員会の西河内靖泰(にしごうちやすひろ)委員長(66)は「特定の年齢に対して『来るな』というのは排除と同じでとんでもないし、やってはいけない対応」と批判。年齢などでの差別禁止を定めた「図書館の自由に関する宣言」にも反すると指摘し、「感染防止の態勢を万全とするか、休館するなど対応を工夫すべきだ」と話している。 (寺本康弘、加藤木信夫)

関連キーワード


おすすめ情報

社会の新着

記事一覧