いすゞ ボルボと提携 子会社UDトラックス買収

2019年12月19日 02時00分

いすゞ自動車の片山正則社長(左)とボルボのマーティン・ルンドステット最高経営責任者=18日午後、東京都港区で

 いすゞ自動車は十八日、スウェーデン大手のボルボと提携し、ボルボ子会社のUDトラックス(旧日産ディーゼル工業、埼玉県上尾市)を買収すると発表した。UDの全株式を二〇二〇年末までに取得する。UDの事業価値は約二千五百億円と見積もっており、今後、資産査定を経て正式に買収額を決める。生産拠点の再編は現時点で検討していないとしている。
 いすゞとボルボは協力して自動運転や電動化など次世代技術の開発を加速する。いすゞとUDにこれまで資本関係はなかった。段階的な出資ではなく、ライバル企業を即、完全子会社とする再編は国内の自動車メーカーでは異例だ。
 国内自動車メーカーでは開発競争の激化を背景に、トヨタ自動車がSUBARU(スバル)への出資比率引き上げを決め、日産自動車は三菱自動車を傘下に収めるなど合従連衡が続いている。
 ボルボは欧州や米国で大型トラック、いすゞは日本やアジアで中小型トラックにそれぞれ強い。両社は日本やアジアの大型トラック事業強化に加え、中小型トラックでの幅広い協業も検討し、コスト削減と規模拡大を目指す。
 いすゞとUDは将来的に商品をなるべく統一し、いすゞの弱点である大型車の販売増加を図る。いすゞの片山正則社長は東京都内で記者会見し「(ボルボとは)得意な商品が異なり、相性がいい」と説明した。ボルボのマーティン・ルンドステット最高経営責任者(CEO)は「長期の技術的パートナーシップで、お互いの強みを生かしたい」と述べた。
 いすゞは〇六年に米ゼネラル・モーターズ(GM)との資本提携を解消。トヨタからの出資を同年受け入れたが、目立った成果がなく、昨年資本提携を解消した。

関連キーワード

PR情報