レスリング五輪連覇の川井梨紗子選手、第1子を出産 SNSで報告、祝福相次ぐ

2022年5月12日 10時52分

東京五輪で連覇を果たした川井梨紗子=2021年8月5日、幕張メッセで

 東京五輪でレスリング女子57キロ級を制して2大会連続の五輪金メダルを達成した川井梨紗子選手(サントリービバレッジソリューション)が11日、交流サイト「インスタグラム」の自身のアカウントで、第1子となる長女を出産したと報告した。
 添えられた写真には、ぎゅっと握られた赤ちゃんの右手が写っていた。川井選手は投稿で10日に出産したことを明かし、医療関係者ら周囲の支えに感謝。「これからも慣れない事ばかりですが、家族と共に成長していきたいと思います!」とつづった。コメント欄には多くの祝福の言葉が並び、英語で寄せられたものもあった。

第一子出産を報告した川井梨紗子選手のインスタグラム(スクリーンショット)

 川井選手は2016年リオデジャネイロ五輪のレスリング女子63キロ級で金メダル。東京五輪は、妹の友香子選手とともに出場することができるよう階級を57キロ級に下げ、五輪4連覇していた伊調馨選手との国内代表争いを制して出場。姉妹での同時金メダルを成し遂げた。

関連キーワード


おすすめ情報