伝統芸能 神楽坂で堪能を 3年ぶり有観客フェス

2022年5月13日 07時35分
 情緒ある町並みに伝統文化が息づく東京・神楽坂を舞台にした伝統芸能フェスティバル「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2022」が二十一、二十二の両日開かれる。三十五プログラムにアーティスト四十三組が出演予定。観覧無料。一昨年と昨年は配信で三年ぶりの有観客開催となるが、引き続きコロナ禍のため会場を善国寺、赤城神社などに限定する。
 手妻(日本伝統のマジック)師の藤山大樹=写真=ら出演の「夕暮れライブ」や、お座敷遊びの雰囲気を味わえる「お座敷ライブ」などは、事前申し込みが必要。紙芝居や江戸糸あやつり人形などが楽しめる「芸能ことはじめ」、箏と三味線を体験できる「弾いてみよう!日本の楽器」は当日受け付けで参加できる。詳細はイベントのホームページで。 (ライター・神野栄子)

関連キーワード


おすすめ情報

伝統芸能の新着

記事一覧