【動画】シャンシャンまだまだ会えるよ! 中国への返還を年末まで延期 上野動物園のジャイアントパンダ

2022年5月13日 16時31分

シャンシャン=東京動物園協会提供

 東京都は13日、上野動物園(台東区)で飼育されている雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」(4歳)の中国への返還期限が6月30日から12月31日に延長されたと発表した。新型コロナウイルス拡大による中国側の渡航制限で中国の専門家が来日できないためで、延期は4回目。
 小池百合子知事は13日の定例記者会見で「いましばらく上野で活躍してくれる。上野に会いに来て」と呼びかけた。シャンシャンは2017年6月に上野で誕生。昨年誕生した双子パンダのシャオシャオとレイレイも6月が誕生日で、3頭の誕生日を祝うイベントを計画中という。
 シャンシャンの名付け親の1人で上野観光連盟理事長の二木ふたつぎ忠男さん(68)は「パンダは上野ににぎわいを取り戻す幸運の使者であり、おてんばなシャンシャンは看板娘として親しまれてきた。返還延長は、上野にとってはうれしいニュース」と声を弾ませた。(加藤健太、太田理英子)

関連キーワード


おすすめ情報

動画の新着

記事一覧