布袋寅泰さんの展示ブース完成 アルバムの記念プレート展示 高崎市営スタジオに

2022年5月14日 07時26分

完成した布袋寅泰記念展示ブース=高崎市で

 高崎市営のプロ専用レコーディングスタジオ「TAGO STUDIO TAKASAKI(タゴ・スタジオ・タカサキ)」(同市あら町)に、同市出身の日本を代表するギタリスト布袋寅泰さんの記念展示ブースが完成した。
 布袋さんが昨年八月に同スタジオで作曲し、今年二月に発売されたアルバム「Still Dreamin’」の記念プレートを展示している。三月に市内で開催した「TAGO STUDIO TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2022」にスペシャルゲストとして出演した布袋さんは、このアルバムについて「メイドイン高崎の作品」と語っていたという。
 記念プレートは縦六十五センチ、横五十五センチで、このアルバムが埋め込まれ、布袋さん直筆の「夢に終わりはない」というメッセージとサインなどが記されている。記念ブースの壁面には布袋さんのギター柄「ギタリズム柄」を施した。プレートの前のソファに座って記念撮影もできる。
 スタジオ運営責任者の多胡邦夫さんは「ファンが訪れた記念に写真を撮影できるような場所にしたい」と話した。入場無料。月、火曜休館。(安永陽祐)

関連キーワード


おすすめ情報

群馬の新着

記事一覧