<新型コロナ>茨城県の新規感染者は641人、3人死亡 県西の事業所でクラスター

2022年5月14日 16時24分
(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

(左から)茨城県警、茨城県庁、茨城県県議会

 茨城県は14日、新型コロナウイルスに感染し、いずれも入院していた100歳代の女性と90歳代女性2人の計3人が死亡したと発表した。県内の死者は累計で431人になった。
 また、県と水戸市が14日に発表した新たな感染者は641人。居住地別ではひたちなか市74人、日立市68人、水戸市51人、つくば市44人、古河市41人など。県内の感染者の累計は15万1309人になった。
 クラスター(感染者集団)の発生が疑われる事例は、新たに県西の事業所の1件が確認された。
 14日現在、療養者の総数は3634人で、自宅療養は3152人。入院中は77人(うち重症2人)となっている。(加藤裕治)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧