ウクライナ、東部で反撃開始 ロシア軍後退か、苦戦続く

2022年5月15日 06時47分 (共同通信)
 13日、ウクライナ・ハリコフ北部で、ロシア軍戦車の残骸のそばを通り過ぎるウクライナ軍車両(AP=共同)

 13日、ウクライナ・ハリコフ北部で、ロシア軍戦車の残骸のそばを通り過ぎるウクライナ軍車両(AP=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ東部ハリコフ州の知事は14日、ロシア軍との攻防が激化している同州イジュムでウクライナ軍が反撃を開始したと明らかにした。ロシア軍は同州の州都でウクライナ第2の都市ハリコフ周辺から撤退を開始したとの見方があり、東部での一層の苦戦が際立っている。
 ロシア軍は首都キーウ周辺から撤退後、東部や南部の制圧に狙いを切り替えたとみられるが、大きな戦果がないまま戦線は膠着している。
 ハリコフ州知事は14日、通信アプリで「イジュムの数カ所でロシア軍が後退している」と指摘した。ハリコフ市長は同日、英BBC放送にロシア部隊が国境方向に後退したと述べた。

関連キーワード


おすすめ情報

国際の新着

記事一覧