沖縄、日本復帰50年 「平和の島」達成されず

2022年5月15日 20時13分 (共同通信)
 「沖縄復帰50周年記念式典」で式辞を述べる玉城デニー知事=15日午後、沖縄県宜野湾市

 「沖縄復帰50周年記念式典」で式辞を述べる玉城デニー知事=15日午後、沖縄県宜野湾市

 沖縄県は15日、1972年の日本復帰から50年を迎えた。沖縄と東京をつないで記念式典が開かれ、玉城デニー知事は「復帰に当たって政府と共有した『沖縄を平和の島とする』との目標が、なお達成されていない」と訴えた。国土面積の0・6%の沖縄に現在も米軍専用施設面積の7割が集中。基地負担の解消という課題が、日米両政府に改めて突き付けられている。
 岸田文雄首相は「日米同盟の抑止力を維持しながら、負担軽減の目に見える成果を着実に積み上げる」と強調した。両国が返還で合意している米軍普天間飛行場について、辺野古への移設が唯一の解決策だとする政府方針を式典後、改めて示した。

関連キーワード


おすすめ情報