浅草・三社祭の神輿担ぎ出し、コロナ禍越え3年ぶり復活へ 21、22日 一部に感染拡大懸念の声も

2022年5月16日 06時00分

3基の本社神輿の前で「希望や可能性が感じられる祭りにしたい」と語る冨士滋美さん=東京都台東区の浅草神社で

 21、22日に開かれる浅草神社(東京都台東区)の三社さんじゃ祭で、新型コロナウイルス禍で中止されていた本社神輿みこしの担ぎ出しや子ども神輿巡行が3年ぶりに復活する。歓迎の声が上がる一方、感染拡大を懸念する人もいる。伝統をどう継承していくのか。葛藤と模索の中、本番を迎える。(太田理英子、西川正志)

◆距離縮小、町神輿練り歩きは今年も中止

 「街全体でつくる三社祭には、神輿を担ぐことが必要」。主催団体の浅草神社奉賛会の副会長・冨士滋美さん(73)はそう強調する。
 コロナ禍で迎えた2020、21年の三社祭では神輿の担ぎ手を出さず、トラックに載せて巡行するなど異例の方法をとった。
 今年は境内で本社神輿3基を担ぎ出す行事を復活。担ぎ手は氏子に限り、鳥居の外からは棒が付いた曳台ひきだいに神輿を載せ、各町会関係者が間隔を保って担ぐような姿勢で押し、氏子四十四カ町を回る。
 約100基の町神輿の練り歩きは今年も中止するが、子ども神輿の巡行は3年ぶりに披露される。冨士さんは「浅草の子どもは神輿を通じて協調性や祭りの大切さを学ぶ。子どもに担ぐ姿を見せ、また担いでもらいたい」と力を込める。

◆「前に進めていくことが重要」

 ただ、例年は44町会で一斉に実施する子ども神輿巡行は、各町会の判断に委ねる。8町会が実施を決めたが、今回の方針に、氏子の一部からは戸惑いや疑問の声が上がる。
 氏子男性の一人は「クラスターが起きたら責任の所在はどうなるのか」と指摘する。子ども神輿を出す町会関係者も「対応がばらばらでは、街の一体感が生まれにくくなる」と話した。
 浅草神社の土師はじ幸士宮司(48)は「本来は足並みをそろえることが大切だが、感染が続く今の状況では難しい。少しずつ前に進めていくことが重要」と理解を求める。「開催に向けて町の人たちが多くの案を出してくれた。街を回る神輿に、皆さんの思いを乗せてほしい」と期待を込める。

おすすめ情報