「何度、虫けらのように命奪うのか」沖縄の米軍基地撤去を求め、東京でシュプレヒコール

2022年5月15日 20時50分

米軍基地撤去を求めてデモ行進する参加者=東京都中央区で


 1972年の沖縄の日本復帰から50年を迎えた15日、今なお在日米軍専用施設面積の70%が沖縄に集中する現状に抗議し、米軍基地撤去を求めるデモが東京都心であった。「命どぅ宝(命こそ宝)」の思いを胸に、約650人(主催者発表)が「安保の負担を沖縄だけに押しつけるな」「(同県名護市辺野古へのこの)新基地建設を中止せよ」などと声を上げた。(井上靖史)
 戦後に米軍基地として接収された土地の返還を求めている反戦地主の支援者らでつくる「沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック」が主催。東京都千代田区の日比谷公園から外務省前を通り、買い物客でにぎわう中央区の銀座までの約2.5キロを歩いた。
 辺野古新基地建設を巡る反対運動のリーダーで沖縄から駆け付けた「沖縄平和運動センター」顧問の山城博治さん(69)が出発前にマイクを握った。「政府はいま台湾有事を叫び、台湾に近い沖縄が戦場になるのは当然だと(首相経験者が)言う。何度、虫けらのように私たちの命を奪うのか。戦争しないで解決する道はあるでしょう。悲劇に見舞われた沖縄は何を言っても戦争反対だ」と憤った。
 名護市出身で「沖縄の基地問題を考える小金井の会」代表の米須清真こめす きよさねさん(33)=東京都小金井市=は「復帰50年、何も変わっていない。応援、寄り添いなどという表面的な言葉で終わらせず具体的に基地を県外や国外に持っていく国民的な議論をしてほしい」と話した。(井上靖史)
前のページ

関連キーワード


おすすめ情報