ネットとデータ、社会どう変わる 水戸で来月講演会

2022年5月16日 07時40分
 ネットに流れるデータで社会がどう変わるのかを解説する講演会が六月十八日、水戸市の県立図書館で開かれる。
 「データ駆動型社会のはなし」の題。放送大学茨城学習センター客員教授で、茨城大理工学研究科教授の羽渕裕真さんが講演する。
 オンラインサービスから家電の制御まで、生活のさまざまな部分にネットがかかわるようになり、大量のデータがネットを通じてやりとりされている。羽渕さんは、今のネットやデータについての事情、将来のかたちについて話す。
 定員百二十人で先着順。申し込みは放送大学茨城学習センター=電029(228)0683=へ。(加藤裕治)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧