傘シェアリング全駅導入へ JR中央線 東京−高尾間

2022年5月17日 07時11分

JR中央線の全駅に導入される「アイカサ」のレンタルスポット(JR東日本八王子支社提供)

 スマートフォンで会員登録すると傘を借りられるシェアリングサービス「アイカサ」が、今月下旬までにJR中央線の東京−高尾間の全駅で導入される。
 アイカサはレンタル会社「Nature Innovation Group(ネイチャー イノベーション グループ)」(渋谷区)が展開する事業。レンタルスポットで傘を借り、別の場所のレンタルスポットでも返却できる。
 JR山手線では昨年一月に全駅で導入。中央線では今月十四日の吉祥寺駅を皮切りに順次、レンタルスポットを増やし、二十日までには中央線の全駅に設置するという。利用料は一日七十円で、月額二百八十円の使い放題プランもある。十六〜二十二歳は無料で利用できる。
 スマートフォンでアプリをダウンロードして会員登録し、利用時にスマホの画面に表示されたQRコードをレンタルスポットでかざすと傘を使える。(布施谷航)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧