<新型コロナ>川崎市は27日から4回目接種券発送 60歳以上の市民2000人から

2022年5月17日 07時16分
川崎市役所

川崎市役所

 川崎市は十六日、新型コロナウイルスワクチンの四回目接種券を二十七日から発送すると発表した。国からファイザー製とモデルナ製のワクチン供給を受ける予定で、接種や予約の開始日、接種場所は今後明らかにするとしている。
 四回目接種は六十歳以上と、十八歳以上で基礎疾患があるか、肥満など感染時の重症化リスクがある人が対象。いずれも三回目から五カ月以上経過している必要がある。
 六十歳以上の市民には三回目から五カ月経過したころに受けられるよう接種券を順次、発送する。初回発送の対象は、一月九日までに三回目を受けた六十歳以上の市民約二千人。
 五十九歳以下で基礎疾患などがあって四回目の接種を希望する場合は、接種券の発行申請手続きが必要となり、市は申請の案内を送る。市によると、今月九日までに三回目接種を終えた十二歳以上の市民は約58%。(北條香子)

関連キーワード


おすすめ情報

神奈川の新着

記事一覧