食と農 「ふゆみずたんぼ」に学ぶ ユーチューブなどで動画配信

2022年5月19日 07時12分
 地産地消や食育を推進するため、小山市は無農薬・無化学肥料で栽培される小山ブランド「ラムサールふゆみずたんぼ米」を題材にした「食と農」を学ぶ動画「小山のおいしい宝物」を作った。動画配信サイト・ユーチューブなどで配信している=写真、小山市提供。
 「ふゆみずたんぼ」はコメの収穫が終わった冬から春にかけて田んぼに水を張る農法。雑草が生えにくくなるほか、水鳥が集まるため鳥のフンが土壌の養分になる。
 動画は13分ほどで、ふゆみずたんぼ米が作られる過程と、栽培地の同市生井地区の美しい四季を映像化している。除草剤を使わないため、代かきや除草作業に手間がかかる苦労、安心・安全に食べられる米を消費者に届ける農家の思いを紹介する。
 新型コロナウイルス感染拡大で農村の体験ツアーや食育イベントが開けないことから動画を作成した。市農政課の担当者は「農家の苦労などリアルな姿を見てほしい。地域の美しい風景も知ってもらえたら」と話している。(小川直人)

関連キーワード


おすすめ情報