土と触れ合う「泥リンピック」 皆野で児童ら体験

2022年5月21日 07時27分

田んぼの中で泥だらけになって遊ぶ児童たち=皆野町で

 皆野町立国神小三、四年生の児童二十人が二十日、学校近くの水を張った田んぼで、土と触れ合う「泥リンピック」を体験した。
 田植えを控え、田んぼの土を均等にならす代かき作業も兼ねて、同校と地域の「大渕区下環境を守る会」が二〇一四年からこの時期に実施している。
 水泳用のゴーグルをつけ、泥水の感触を確かめながら素足で田んぼに入った児童たちは、ビーチボールを投げ合ったり、しぶきを上げて追いかけっこをしたり。あっという間に全身泥だらけになり、「滑る!」「水が冷たい!」と歓声を上げながら走り回っていた。
 児童らは二十四日に田植え作業も体験する予定。(久間木聡)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧