桃太郎研究に新たな視点 袖ケ浦の中3・倉持さんが新刊本 椎名誠さん「若く新しい民俗学」

2022年5月22日 06時56分

2冊の著書を手に、笑顔の倉持さん。手前の新刊見開きは「日本昔話大成」にも掲載されていない桃太郎のエピソードを祖父から聞けた喜びをつづったページ=袖ケ浦市で

 昔話「桃太郎」の研究に没頭する袖ケ浦市立昭和中学校三年、倉持よつばさん(15)の新刊「桃太郎は嫁探しに行ったのか?」が新日本出版社から刊行された。宝物でなく、お姫様を連れ帰る桃太郎もいると知り、全国各地に伝わる桃太郎のストーリーの違いを調べた研究作品の書籍化で、自身二冊目となる。(山本哲正)
 二〇二一年度の「図書館を使った調べる学習コンクール」(図書館振興財団主催)中学生の部で、最高の文部科学大臣賞に輝いた作品の書籍化。日本各地に伝わる昔話を読み比べ、一般に知られた桃太郎を新たな視点で読み解いている。
 倉持さんは、小学五年生の時にも桃太郎を研究した「桃太郎は盗人なのか?−『桃太郎』から考える鬼の正体−」で、同コンクール小学生の部(高学年)の最高賞を受賞。この研究も一九年に書籍化された。
 自らほれ込んだ新日本出版社の田所稔社長(67)は「一冊目の時は、探求心豊かで事実に対して謙虚なところに感じ入った」と振り返る。
 今回の受賞作も「さらなる成長」を感じ、書籍化を即決したという。
 「『嫁探し』の桃太郎に当初は自己本位かと、がっかりしながらも、調べていく中でそこに民衆の願いが入っていると読み解く。さらに、地域の観光誘致で桃太郎の話がつくられていく面を知り、『まちおこしの思いがあって、どの伝説にも桃太郎愛があふれている』と寄り添っていく。その感性がすばらしい」
 作家の椎名誠さんも「若く新しい民俗学がずんずんあるきだした」と応援メッセージを寄せた。
 倉持さんは「今度も出版されるとは思っていなかったので、とてもうれしい。これから何か調べようと思っている人に、図書館の利用の仕方のヒントになればと思っています」と喜びを語った。
 全国の書店やインターネットで販売。A5判百四十四ページ。千七百六十円。

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧