7度目優勝の照ノ富士が一夜明け会見「優勝しなくてはいけない立場。成し遂げてほっとしている」

2022年5月23日 11時15分
22日、大相撲夏場所で優勝し賜杯を手にする照ノ富士

22日、大相撲夏場所で優勝し賜杯を手にする照ノ富士

 大相撲夏場所で3場所ぶり7度目の優勝を果たした横綱照ノ富士が千秋楽から一夜明けた23日、オンラインで記者会見し「優勝しなくてはいけない立場でやっている。それを成し遂げてほっとしている」と語った。
 3月の春場所を左膝などのけがで途中休場。横綱昇進5場所目で初の休場明けとなった夏場所は8日目までに3敗を喫したが、後半にかけて復調。12勝3敗で賜杯を抱き「場所に向けて筋トレとか稽古を十分にやってきた。決して体調は悪くはないので、なんとかなるかなと思っていた」と振り返った。千秋楽は結びの一番で敗れれば4人による優勝決定戦に突入する状況で、大関御嶽海を寄り切った。
 7月の名古屋場所に向け「一場所一場所の積み重ねを生かせるように頑張りたい」とさらなる躍進を誓った。(丸山耀平)

関連キーワード


おすすめ情報

主要ニュースの新着

記事一覧