「良き友、三つあり。一つには、物呉(く)るる友、二つには、…

2022年5月24日 07時02分
 「良き友、三つあり。一つには、物呉(く)るる友、二つには、医師(くすし)、三つには、智恵(ちえ)ある友」。「徒然草」の有名な第百十七段である▼良い友人の第一に何かプレゼントをくれる人を挙げている。身もふたもない話だが、本音でもあるか。さて米国は日本の「良き友」であろうか。岸田首相と来日中のバイデン米大統領との日米首脳会談である▼覇権主義的な動きを強める中国を念頭に置いているのだろう。会談でバイデン大統領は日本が万が一にも攻撃を受けた場合、日本の防衛に対して米国が全面的に関与すると約束した▼ロシアのウクライナ侵攻に対して米国は軍事行動を控えた。その事実が消えぬのか、米国は本当に日本を守ってくれるのかという疑問の声も出ていたが、大統領発言は日本を守る「拡大抑止」を再確認したことになる。この点では米国は日本に「物呉るる」友である▼ただ、日本から米国に差し上げる物も大きいのである。岸田首相は日本の防衛力の抜本的強化と防衛費の「相当な増額」に言及した。GDP比1%枠を大きく超えるような防衛費は重荷な上に平和国家としての日本のイメージを傷つけかねない。地域の軍拡競争につながる危険もある▼日米で協力し、中国をけん制する。分からぬではないのだが、穏当に問題解決を図るアイデアが出てこないのが寂しい。今必要なのは「智恵ある友」の方である。

関連キーワード


おすすめ情報

筆洗の新着

記事一覧