白川義員さん死去 写真家、南極大陸撮影

2022年5月24日 07時21分
 「地球再発見による人間性回復へ」をテーマに、山岳や南極大陸、聖地など世界各地の雄大な原風景を撮影した写真家の白川義員(しらかわよしかず)さんが、四月五日に脳梗塞のため死去したことが分かった。八十七歳。愛媛県出身。葬儀は近親者で行った。喪主は妻で日本舞踊家の二代目西崎緑(にしざきみどり)(本名白川和子(しらかわかずこ))さん。
 ニッポン放送やフジテレビを経てフリーの写真家に。一九九〇年代前半の南極撮影では、飛行機をチャーターして各国の基地を経由し世界初の大陸一周に成功した。写真集に「アルプス」「南極大陸」「世界百名山」「世界百名瀑(めいばく)」など。全米写真家協会最高写真家賞、菊池寛賞、日本芸術大賞など受賞多数。九九年紫綬褒章。

関連キーワード


おすすめ情報