<新型コロナ>神奈川県で1919人感染、7人死亡

2022年5月24日 19時36分
 神奈川県内で24日、新型コロナウイルスに感染した60~90代の7人の死亡と、新たに1919人の感染が判明した。県と6市の保健当局が発表した。
 横浜市は4人の死亡を発表した。いずれもクラスター(感染者集団)が発生した高齢者施設や病院に入所・入院し、70代女性は高血圧と糖尿病、90代男性はがん、60代男性は肺気腫、80代男性は腎不全と心不全などを患っていた。川崎市は80代男性と90代女性の死亡を発表した。
 相模原市は愛川町の60代男性の死亡を発表。肺の基礎疾患で3月28日に入院し、5月6日の検査で陽性と判明した。
 発表された新規感染者数は横浜市806人、川崎市387人、県382人、相模原市177人、藤沢市70人、茅ケ崎市49人、横須賀市48人。県の発表分には1~2月に陽性と判明した120人が含まれ、県によると公表のための手続きから漏れていたという。クラスターは新たに2件認定された。

おすすめ情報