バラ街道 幻想的に 八千代で「フェスタ」28、29日 

2022年5月26日 07時16分
 八千代市の東葉高速鉄道八千代緑が丘駅北口ロータリー一帯で二十八、二十九両日、バラの開花に合わせた「緑が丘ローズハーツふれあいフェスタ」が催される。
 北口広場にはバラ約三百本が植えられており、市民団体「八千代花と緑の応援団」が、駅から京成バラ園までの遊歩道を「日本一のバラ街道に」と植樹活動を続けている。
 フェスタは実行委員会主催で十八回目。コロナ禍のため昨年は秋に延期して一日のみ開催し、一昨年は中止だった。バラは六月十二日まで、日没から終電までライトアップされている=写真。
 二十八日は午後三〜八時、太鼓やフラダンスの披露、シンガー・ソングライターのライブなどが繰り広げられる。二十九日は午前十時〜午後三時、南口広場でダンスや太鼓、中高生の演奏や合唱などが披露される。(保母哲)

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧