老舗アパレル「銀座マギー」、一肌脱ぎます 田園調布の飲食店応援イベント「信金じもと飯」開催

2022年5月26日 07時47分
 新型コロナウイルス禍の飲食店を応援しようと、老舗アパレル店の銀座マギー(本社・東京都大田区)が25日、田園調布の地元グルメをテイクアウトで味わえるイベント「信金じもと飯」(城南信用金庫共催)を本社近くの商品センターで開いた=写真。
 銀座マギーの植松伸一社長が、城南信金の飲食店を応援する取り組みに共感し企画した。田園調布周辺の飲食店3店に声をかけ、昼食用のローストビーフ丼やサンドイッチ、フルーツゼリーなどを提供。150食分を完売した。
 植松社長は「約半世紀前から会社の拠点は田園調布。地域のためにできることをやっていきたい」と語った。イベントは今後、定期的な開催を目指す。
 近くに住む自営業の岸実香(みか)さん(54)は購入後、「新しく知ったお店もあった。食べるのが楽しみ」と笑顔で話した。 (大島晃平)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧