インコ、ペリカン、ホッキョクグマ…大好きな動物描く 自閉症女性の作品展 三鷹市

2022年5月27日 07時07分

花島愛弥さんの作品が並ぶ会場=三鷹市で

 自閉症で知的障害のある花島愛弥(あや)さん(21)=愛知県豊橋市=の個展が、三鷹市の杏林大医学部付属病院のギャラリーで開かれている。心の支えとなっている地元の動物園で出会った動物を描いた。迷いのない筆致の作品は「癒やされる」「生命力を感じる」と来場者に好評だ。
 「クリオネ。大好き」。花島さんはそう言うと、画用紙にサインペンと色鉛筆を走らせた。描き終える度、満足そうに画用紙をトントンとたたく。ルリコンゴウインコ、ペリカン、ホッキョクグマ…。会場には淡い色合いの三十点余の動物の絵が並ぶ。どれも豊橋市の「豊橋総合動植物公園」(のんほいパーク)で出会ったお気に入りの動物だ。
 三歳で自閉症と診断された。聴覚が過敏で、日常生活では耳当てを着けている。流ちょうな会話は難しいが、四歳から絵を描き始め、絵日記も続けている。
 愛弥さんにとってパークは安らぎの場。心のバランスを崩して小学校に通えなくなった際、動物に会うことで回復につながった。パークでは二〇二〇年、泣き声や人混みなどが苦手で来園しにくい障害者らを対象に、休園日に利用できる制度を国内の動物園で初めて導入した。「クワイエットアワー(静かな時間)」と呼ばれる英国などで進む取り組みだ。
 個展は一七、一九年に続いて三回目。今回はクワイエットアワーを利用してパークを訪れ、仕上げた作品も展示している。父親の紀秀さんは「制度を必要としている人は多いはず。全国にも広まってほしい」と期待する。
 院内の第二病棟ギャラリーアートスペースで三十一日まで。二十八日は花島さんが滞在する。二十九日は休み。入場無料。詳細は紀秀さん=電090(1563)2939=へ。(佐々木香理)

関連キーワード


おすすめ情報

東京の新着

記事一覧