英語スピーキングテスト不受験の生徒の措置 学力検査参考に得点加算 都教委

2022年5月27日 07時08分
東京都庁

東京都庁

 公立中学三年生を対象に十一月に行われ、結果が都立高入試の合否判定に活用される英語のスピーキングテストについて、都教育委員会は二十六日、病気などで受験できなかった生徒の措置を決めた。学力検査(筆記、リスニング)の結果を参考にして点数を求め、総合得点に加算する。
 都教委によると、スピーキングテストは対象者に一斉に実施。AからFまでの六段階で評価し、入試では段階に応じて最高で二十点が加算される。
 テストを受験できなかった生徒については、来年二月の学力検査で得点が同じか近かった生徒のスピーキングテストの平均点から、六段階のどこに該当するかを決めて加算点を出す。
 教育庁の担当者は「受験できなかった生徒が不公平にならないようにした」と強調。六月にも実施要項を公表するという。
 入試は学力検査の得点と五段階で評価する調査書点の合計(千点満点)に、スピーキングテストの点数を加えて合否を決める。(加藤健太)

関連キーワード


おすすめ情報

教育の新着

記事一覧