<秩父点描>一面オレンジ ハナビシソウ見頃 長瀞町

2022年5月27日 07時30分

一帯をオレンジ色に染めるハナビシソウ=長瀞町で

 長瀞町の「花の里ハナビシソウ園」で、オレンジ色が印象的な初夏の花ハナビシソウが咲き始め、一帯を鮮やかに染めている。来週にかけて見頃を迎えそう。
 同園は町郷土資料館・旧新井家住宅そばに広がる、一万平方メートルほどの丘。現在は園の南側斜面を中心に咲いており、一面のオレンジに所々白や黄色の花も交じる。宝登山をはじめとする山々が織りなす緑との対比も見事。多くの観光客が訪れ「もうこんなに花が大きい」「盛りの時期にまた来よう」などと話しながら、盛んにカメラに収めていた。
 ハナビシソウは別名をカリフォルニアポピーといい、ケシ科の一年草。日が当たると開き、曇りや雨天、夜間は閉じる。
 観賞には環境整備協力金として二百円が必要(高校生以下無料)。問い合わせは町産業観光課=電0494(66)3111=へ。(久間木聡)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧