岸谷 香《東京 MY STORY》「私と父」(大田区 田園調布/宝来公園・前編)

2022年6月8日 09時55分

ミュージシャンの岸谷香さんが、東京の街と体験を重ねて綴ります。人生の大半を東京で過ごしてきた岸谷香さんが、それぞれの時代の東京の街模様を、自らの体験や大切な思い出と重ねて書き綴るエッセーです。リアルだからこその共感あふれる連載です。

第13回 大田区 田園調布/宝来公園(前編)
「私と父」

 もうすぐ父の日ですね。私が小さい頃の父は、仕事で忙しく、あまり家には居なくて、家族旅行の思い出も小学校低学年の頃に行った伊豆温泉1回(ハトヤではなかったと思いますが笑)。イモ洗い状態のあまりキレイとは言えない海…。なんとなく冴えない思い出しかありません。同じく小学校低学年の頃の年末。珍しく父が家に居て、書斎で年賀ハガキを書いていた(と記憶していますが…)時、何故か私は、普段あまり会話のない父のところへ顔を出しました。すると父は「おー香、座りなさい」と言って、どこからか「ルマンド」(昔〜からあるブルボンのお菓子)を出してきて、私に差し出しました。私はルマンドが大好きだったので、喜んでボロボロこぼしながら食べました。年賀状に追われて焦っていたのもわからなくはないですが、父もなんかせっかく娘が書斎に来たのだから気の利いたおしゃべりでもすればよかったのに…とも思いますが、まぁそれが私の父だったんです。でも「おー香、座りなさい」と言った時の父の嬉しそうな顔はとても良く覚えています。
 この「東京MY STORY」では母はよーく登場してきましたが、父はまだ一度も登場していないので、今回は父の日に因んで私と父のエピソードを書いてみようと思います。
 
 小学校の頃は、前記したように父は忙しそうで、朝は同じ位だったのか、時々学校に遅れそうな私をタクシーで送ってくれた記憶がありますが、帰りはいつも遅く、夕飯を一緒に食べた思い出は引っ越しの日の店屋物ぐらいで、イメージとしては、我が家の食卓はいつも母と私と弟の3人。たまーに夜更かししていると父が帰って来て、赤カブの漬物でお茶漬けを食べてたなぁ…今思えば飲んでたんかい!?って感じですが(笑)。
 そんな時代を過ぎると、私はだんだん思春期に突入してきました。誰もがそうであったように。予想通り、思春期の娘の扱いなど上手い訳もなく、だいたいパパ大好き幼少時代ですら、あまり上手なつき合い方ではなかった父が、ややこしい思春期の娘とうまくいくはずありません。私は、まぁ人並みに「お父さん嫌い」状態になりました。それに気づいてなのか、父はあからさまに私を気にかけ私は余計うっとうしい…「負のスパイラル」とでも言いましょうか…。よくある悪循環。
 今思うと、「クソじじぃ!」ぐらい言えたら、もうちょっと明るい不仲になれたかもと思うのですが、それまでの家族関係上「クソじじぃ」とは口が裂けても言えないタイプの子供でしたので、心の中でいつも「クソじじぃ〜」と叫んでました。
そんな父娘に最悪の出来事が起こりました。
 あれは中学3年生の頃。
通っていた中学校とは別の中学校に通うボーイフレンド、と言っても中学生、それも今のではなく、昭和の中学生ですから、その名の通り、ボーイフレンドってぐらいの彼でしたが、私もぷち悪い子で、塾をサボってそのボーイフレンドと、当時自由が丘の坂の途中にあったマクドナルドに行ったり、日曜日には模試をサボって、原宿の竹下通りでデートしたり、定番のウソをいっぱいついていました。今自分が親になって振り返ると、そんな定番のウソ、顔見りゃウソだと一発でバレてたはずです。私なんて帰宅した息子の顔見て、「あ、今からウソ言うなー」と予想がついた程ですから(笑)100%バレていた事間違いなし。多分、母は塾や模試をサボった事にはカンカンだったでしょうけれど、竹下通りに行ったこと、もっと言うと男の子と2人で出かけた事に関しては、特別にその為に親のお財布からお金をコッソリちょうだいした訳でもなし、なけなしのお小遣いで、せいぜいクレープ1個食べて帰って来てるんだと想像し、黙認していたんだと思います。人一倍カンの鋭い母でしたから、もう怖くて怖くて、塾や模試をサボって原宿行くのが精一杯でした(笑)。あともう2〜3回やってたら、母にガツンと叱られて、またタバコ事件の二の舞(…ご存じない方は、2021年11月の東京MY STORYをご覧下さい!)になっていたに違いありません。いやでもきっとその方が奥居家的にはよっぽど平和だったのかも…。
 それとは別に、小学校時代から、何がキッカケだったのかは覚えていませんが、日記をほぼ毎日、(もしかしたら気が向いた日だけかも…!?)つけていた私は、だんだんと記される日記帳本体の見た目にも気がいくようになっていました。つまり、ジャポニカの日記帳ではだんだん不満になり、サンリオのキャラクターノート、キティちゃんやパティ&ジミーの可愛いノートを通り、そして遂には、百貨店の文房具売場に売っている、カギのついた白い革張りに銀の模様があしらわれた、お姫様の日記帳みたいなゴージャスなカギ日記帳をクリスマスプレゼントに買ってもらったのです!!きっととても高価な品だったと思います。ズッシリとした高級感に小さなカギ付き。もうたまらなく嬉しかった事を今でもハッキリと覚えています。
 悪夢の始まりはこの素敵な日記帳からでした。
さて、後編はこの日記帳を手に入れてしまったが為に起こった父娘のエピソードをご紹介します。お楽しみに!
★次回更新は、6月22日(水)更新予定です。
お楽しみに。



岸谷 香
1996年5月31日、武道館公演をもってプリンセス プリンセスを解散。1996年結婚。
1997年奥居香ソロとしてシングル「ハッピーマン」を発売し、ソロ活動をスタートさせた。
2001年子供を授かったことをきっかけに岸谷香に改名。
2012年、東日本大震災復興支援の為、16年振りにプリンセス プリンセスを一年限定で再結成。
2014 年ソロの活動を本格的に新たにスタート。2015年6月24日シングル「DREAM」を発売、
2016年5月、10年ぶりのオリジナルアルバム「PIECE of BRIGHT」リリース。
「KAORI PARADISE」と題し、ひとり弾き語りライブを毎年実施。
2018年ガールズバンドプロジェクトを立ち上げ、ミニアルバム「Unlock the girls」をリリース。
2019年3月豊洲PITにて東日本大震災復興支援ライブ「The Unforgettable days」を実施。
2020年2月には岸谷香感謝祭と題しゲストを迎えてのコラボライブを毎年実施。
2021年2月ミニアルバム「Unlock the girls3-STAY BLUE-」をリリース。
2022年5月からは3年ぶりになるバンドライブ55th SHOUT!ツアーを実施、
9月からはKAORI PARADISE2022が予定されている。
お知らせ
レギュラー
・ラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」
毎週金曜23:00〜スタート
・ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」
毎月第四水曜日22:00~スタート
LIVE情報
【sugarbeans感謝祭 〜つぶあんこしあんトレビアン大集結!〜】
日時:2022年7月28日(木)18:00 OPEN 19:00 START
会場: LIQUIDROOM
チケット料金:前売り \6,500(1ドリンク別)
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
(出演者第二弾発表)
岸谷香/堂島孝平/中田裕二/けんいち/大森靖子/riko/吉澤嘉代子/Tommy & Sammy ほか
―――――――――――――――――――――――――――――――
(出演者第一弾発表)
設楽博臣(Guitar)/千ヶ崎学(Bass)/張替智広(Drums)/伊沢麻未(Chorus) /湯本淳希(Trumpet)/中村尚平(Saxophone)/sugarbeans 
●一般発売<先着> 4/23(土)AM10:00
チケットぴあ:0570-02-999
【KAORI PARADISE 2022】 第一弾スケジュール
2022年
■9月3日(土)東京・たましんRISURUホール 
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月4日(日)神奈川・関内ホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月18日(日)兵庫・西脇市市民交流施設 オリナスホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月19日(月祝)福井・ハートピア春江
開場15:15/開演16:00 チケット料金 全席指定\5,000-
■9月24日(土)岐阜・不二羽島文化センター みのぎくホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月2日(日)埼玉・上尾市文化センター
開場15:00/開演15:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月15日(土)鳥取・境港市文化ホール シンフォニーガーデン
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月29日(土)山形・新庄市民文化会館
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,700-
■11月12日(土)東京・江東公会堂ティアラこうとう
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
※2歳以下膝上1名まで無料(座席が必要な場合有料)3歳以上はチケットが必要。
【KAORI PARADISE 2022宝くじ文化公演】
福島2公演は宝くじ文化公演となります。
チケットの販売は福島県在住の方のみが対象となりますので予めご了承ください。
■2022年10月9日(日)
福島・伊達市ふるさと会館 MDDホール
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月9日(土)
<問合せ>伊達市ふるさと会館MDDホール 024-583-3244
■2022年10月10日(祝月)
福島・サンライズもとみや
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月28日(木)
<問合せ>白沢公民館 0243-44-2350
【Mt.FUJIMAKI 2022】
2022年10月1日(土)
会場:山梨県・山中湖交流プラザ きらら
詳細はこちらまで http://www.mtfujimaki.com

関連キーワード


おすすめ情報

東京MY STORYの新着

記事一覧