千葉県議会「遅刻・居眠り」防止を申し合わせ 県民から苦情を受けて 6月定例会が開会

2022年5月28日 07時16分

午前10時の開会前に出席議員が着席した県議会議場

 千葉県議会六月定例会が二十七日開会した。会期は六月二十一日までの二十六日間。四月放送の民放テレビの報道番組で、二月定例会で議員の遅刻や早退、居眠り、読書などの行動が報じられ、県民から苦情が寄せられたことを受け、六月定例会前に規律徹底を申し合わせした。この日は各会派とも「(開会五分前の)予鈴が鳴ったので議場へ」などと呼び掛け、午前十時の開会数分前に出席議員らが着席し、遅刻者は見られなかった。県議の一人は「県民の目は厳しく、来春は統一地方選の県議選も迫る。寝ていなくても居眠りと疑われる様子も見せられない」と話した。
 開会日は県警旭署の建て替え工事の請負契約締結案など十一議案と専決処分の報告一件を上程して散会。補正予算案は会期中に追加提案される見込み。代表質問と一般質問は六月二、三、六〜九日。(中谷秀樹)

関連キーワード


おすすめ情報

千葉の新着

記事一覧