葛西敬之さん死去 JR東海名誉会長 国鉄民営化推進

2022年5月28日 07時30分
 旧国鉄の分割民営化やリニア中央新幹線計画の実現に尽力したJR東海名誉会長の葛西敬之(かさいよしゆき)さんが二十五日、間質性肺炎のため死去した。八十一歳。東京都出身。葬儀は後日親族のみで行う。同社によると「お別れの会」を予定しているが、日程などは未定。
 東大法学部を卒業後、一九六三年に国鉄に入社。労働組合対策などに携わり、社内改革を志した。元JR東日本社長の松田昌士さん(故人)や元JR西日本社長の井手正敬さんとともに「国鉄改革三人組」と呼ばれ、八七年の分割民営化を実現に導いた。
 同年四月のJR東海発足と同時に取締役総合企画本部長に就任。九二年の東海道新幹線「のぞみ」の運転開始などを主導した。九五年に社長に就任すると、九七年に東証一部(当時)上場、二〇〇三年に東海道新幹線品川駅開業を実現した。〇四年に会長、一四年に名誉会長となり、二〇年六月に取締役から退くまで長年、経営のかじ取りを担った。
 リニア中央新幹線計画の推進にも力を尽くし、事業化から着工までの道筋を付けた。新幹線やリニアの海外輸出にも熱意を注いだ。
 また、安倍晋三元首相ら政界にも幅広い人脈を持ち、保守派の論客として知られた。国の公職を多く歴任し、国家公安委員会委員や福島第一原発事故後の原子力損害賠償支援機構の運営委員などを務めた。直近では宇宙政策委員会委員長に就いており、宇宙分野にも関心を持っていた。
 中部地方では、トヨタ自動車などと次世代リーダー育成を目指して全寮制の中高一貫校「海陽学園」(愛知県蒲郡市)の設立に携わり、理事長も務めた。〇一年一〜六月には本紙夕刊コラム「放射線」の執筆をしていた。

関連キーワード


おすすめ情報