岸田首相、リニア工事で「環境保全の有識者会議を設置」 静岡県の反発受け、国として事業推進

2022年5月28日 19時05分
リニア中央新幹線の試験車に試乗する岸田首相(左)とJR東海の金子慎社長=28日午前、山梨県内(代表撮影)

リニア中央新幹線の試験車に試乗する岸田首相(左)とJR東海の金子慎社長=28日午前、山梨県内(代表撮影)

 岸田文雄首相は28日、リニア中央新幹線工事に伴う水資源への影響を巡って反発する静岡県の要請を受け「環境保全に関する国の有識者会議を速やかに設置したい」と表明した。名古屋―大阪の環境影響評価(アセスメント)について「全線開業の前倒しを図るため、来年から建設主体が着手できるように国として必要な指導、支援を行っていく」と語った。訪問先の甲府市で記者団の質問に答えた。
 東京、名古屋、大阪を結ぶ計画の中央新幹線は、静岡工区が未着工で東京―名古屋の2027年開業予定が大幅に遅れる見通し。首相は「沿線自治体の理解を得つつ事業を進める」と述べた。
 有識者会議については「課題解決に向けた取り組みを進め、(早期開業へ)環境整備に努めたい」と強調。「リニアは三大都市圏を一つの経済圏にする重要な基幹インフラだ」と指摘した。
 静岡県は、リニアのトンネル掘削で大井川の水量が減少するとして着工に反対。国交省の有識者会議が昨年12月にまとめた水資源対策を検証する中間報告にも、JR東海の計画を追認し中立性に欠けると反発している。(共同)

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧