<新型コロナ>神奈川県で1468人感染、2人死亡

2022年5月28日 17時46分

 神奈川県内で28日、新型コロナウイルスに感染した2人の死亡と、新たに1468人の感染が判明した。県と5市の保健当局が発表した。
 横浜市は100歳代女性の死亡を発表した。クラスター(感染者集団)が発生した介護老人保健施設の入所者で、9日にせきの症状があり陽性と判明。施設内で療養し20日に亡くなった。基礎疾患がありワクチン接種歴はなし。このクラスターの死亡者は4人目。新規感染は678人。
 県は鎌倉市の80代男性の死亡を発表した。高齢者福祉施設に入所中に発熱があり、3日に病院で検査し陽性と判明。施設で療養していたが体調が悪化して9日に入院し、24日に亡くなった。基礎疾患がありワクチン接種は2回。新規感染は292人。厚木保健福祉事務所管内の高齢者福祉施設で計12人のクラスターを認定した。
 川崎市は、10歳未満〜90代の312人の新規感染を発表した。無症状が43人、軽症が265人、中等症が1人、調査中が3人。感染経路不明が306人だった。
 相模原市は112人の感染を発表した。南区の認定こども園で計6人のクラスターを認定した。
 藤沢市は38人、横須賀市は36人の感染を発表した。

おすすめ情報