アユ釣りの腕前は? 秩父で選手権 愛好者が釣果競う

2022年5月30日 07時32分

さおを操る参加者たち=秩父市の荒川で

 釣りの愛好者が腕前を競う「第八回アユ釣り選手権in秩父CUP」(秩父漁協主催)が二十九日、秩父市久那の荒川で開かれた。
 同漁協が二〇一四年からこの時期に実施している恒例行事。今年は県内を中心に関東一円から九十六人が参加した。
 競技は午前七時半からスタート。三時間以内に釣り上げたアユの数を争う予選を通過した三十人が、前回優勝者ら五人のシード選手とともに決勝に臨み、二時間以内での釣果を競った。
 朝から強い日差しが降り注ぐ中、参加者はお目当てのポイントに移動しながら真剣な表情で川の流れを見つめ、巧みにさおを動かしていた。(久間木聡)
 ◇主な入賞者の皆さん
 (1)高橋三男(東京都福生市)(2)木村尚人(横浜市)(3)内田公男(秩父市)(4)小林一三(東京都あきる野市)(5)鈴木光(同)

関連キーワード


おすすめ情報

埼玉の新着

記事一覧