岸谷 香《東京 MY STORY》「父はそれを我慢できなかった」(大田区 田園調布/宝来公園・後編)

2022年6月22日 09時55分

ミュージシャンの岸谷香さんが、東京の街と体験を重ねて綴ります。人生の大半を東京で過ごしてきた岸谷香さんが、それぞれの時代の東京の街模様を、自らの体験や大切な思い出と重ねて書き綴るエッセーです。リアルだからこその共感あふれる連載です。


第13回 大田区 田園調布/宝来公園(後編)
「父はそれを我慢できなかった」

 思春期ドップリの私と、幼少時代から存在感の薄い父。
白い革張りに銀の模様のカギ付き高級日記帳をクリスマスに手に入れた私は、厳かにそのページを開くと、もう何か書きたくて書きたくて、たまらない気持ちになりました(昔からどーやら書く事は好きだったようですネ)。しかも、想像してください!小さなカギが付いているんですヨ。カギをかけてしまえば誰も読む事はできない…。そこはもう、私と神様のみぞ知る秘密の世界…ね!ワクワクして倒れそうじゃないですか!?もう人間の本能とでも言うべきでしょう、カギの付いてる日記帳には知られちゃマズイ事を書かずにはいられないのです!!!
 私はその本能に忠実に、日曜日、ボーイフレンドと過ごした秘密の1日を事細かに書き記しました。ものすごくハッキリ覚えています。
 朝、〇〇という有名塾の模試に行くと言って出かけ、そのボーイフレンドの所属しているまた別の塾の授業にコッソリ侵入。同じ学校の友人達も何人も居る大型塾だったので、みんなに「なんで居るのー!?」って言われて、なぜか得意な気持ちに。塾が終わると竹下通りへ。ボーイフレンドと2人で竹下通りを歩く昭和の中学3年生。めちゃイケてる気分。
立ち並ぶショップで、理由は忘れてしまったのですが、そのボーイフレンドが私に自分とお揃いのトレーナーを買ってプレゼントしてくれて、私は大喜び!その日から毎日家に帰ると、制服からそのトレーナーに着替え親に何て言われようが、似合っていようがいまいがおかまいなしに、毎日着て。
 
 またある日は、学校の帰り、塾で居残り勉強をするとウソを言って、ボーイフレンドとデート。田園調布にあるお気に入りの喫茶店で彼はいつもピザを注文。一切れを半分に折って手で食べるのがオシャレと思っていたのに、彼は三角の尖ったところからくるくると丸めてフォークで刺してかぶりつく。カッコより空腹が勝つのか…(今思えばなんてことないただの冷凍ピザ)。
 またある日は土曜日半どん(午前中授業の事を何故か半どんと言いましたよねぇ!?)の日、彼が学校近くの駒沢公園まで来てくれて待ち合わせ。半どんだったからか、彼は極度な空腹で、売店でポッキーを購入。当時、昭和の中学生にはポッキーは高価なおやつ。それを2箱いっぺんに買い、おもむろに箱を開けると、指で掴めるだけ3〜4本、一度に口に入れてボリボリ食べる…。えぇーポッキーって1本ずつ食べるもんじゃないのぉ!?こんな食べ方あるんだ…。ポッキー2箱では満たされず近くのアンナミラーズへ。そこで後輩にデート現場を目撃され焦った…。
などなど、その他沢山のヒミツのストーリーを書きまくった私。ま、可愛いもんっちゃ可愛いもんですが、ウソはウソ。それを浮かれた様子満々で毎日毎日コソコソと書いているのを当然両親は知っていたはず。そこでカギ付きの日記帳には知られちゃまずい事を書くのが本能なら、今度はカギ付き日記帳に書かれた知られちゃマズい事ほど読みたくなるのもまた本能。いくら親子とは言え、カギをコッソリ開けて中身を読むのは罪悪感でいっぱいなはず…なのに「父はそれを我慢できなかった」のです。
 
 ある日珍しく父が休みの日、リビングで私と遭遇すると、「香、そのトレーナーいいなぁ、どこで買ったんだ!?」…私の服についてのコメントなど聞いた事がなかったのに…。
「?…原宿」。
しばらくすると、「香、たまにはピザを食べないか!?たまには良いじゃないか!?」
…『え!?』
しまいには「土曜日は半どんだからポッキーぐらいじゃ腹がもたんよなぁ」
父は読んでしまったら読んでしまったで、心の中にはしまっておけず、チクチクと私に『お父さんは知っているんだ』光線を放ってきました。
 さすがの私も『こりゃ読まれた(汗)』と気付き、部屋にすっ飛んで行って、隠してあったカギの在処を確認すると、父は分かり易く読んだ形跡を残しており、カギが違う所に違う様子で置かれていたのでした。
 今思うと、きっと読んでしまった罪悪感と、予想通りのマズい事が書かれていたショックとに動揺してカギがどこにどんな風に隠してあったのか、すっかり飛んでしまったに違いありません。しかも(くどいですが「昭和」)の中学3年の一人娘が男と原宿デート…喫茶店でピザ…駒沢公園で(きっとカップルがイチャイチャしてるところを想像しながら)ポッキー…。
 父には衝撃的すぎるエピソードの数々。ですが、そんなことは理解できない、まだまだ子供の私は読まれてマズい事を書いてしまった…そしてそれを読まれてしまった…ならばこの事実を抹殺するしかない…と思い立ち、あんなにも気に入っていた白い革張りカギ付き高級日記帳をそれだけならまだしも、過去の書き貯めてあった何冊ものジャポニカからキティちゃんまでの日記帳と一緒に袋に詰め、ボーイフレンドを田園調布に呼び出し泣きながらそのエピソードとどうしようもない悔しさを彼にぶちまけて歩きました。田園調布の駅から扇型に広がる並木道をまっすぐ進んで突き当たると宝来公園。よく駅前でサンジェルマンのパンやケンタッキーを買ってはここへ来て、公園でおしゃべりしながら食べるのが大好きだった宝来公園。公園に入って自然の中を歩き、傾斜のある道を下って行くと大きな池。その池の手前で、持ってきた日記帳の袋を彼に持たせ1冊ずつ思い出を池に捨てるように、日記帳を池に投げ入れました。あんなに気に入っていた白いカギ付き日記帳も「これさえなければこんな事にならなかったのに…」と躊躇どころか全身の力を込めて、池に投げ捨てたのでした…。池に鳥たちは何事か!?と驚いた事でしょう。
 今、あの時の自分に会えるなら耳元で「捨てるのは白いのだけにしなさい!!」と言いたい…。私は自分が悪いことは解っていました。だから余計に何もかも捨てたくなって、上手く言えないけれど父への仕返しの気持ちも込めて、過去の日記帳をもあえて捨てたんだと思います。
 そして、投げ込まれた日記帳達は、程なくして土に返り、私の思い出も池のドロと化した訳です(涙)。私の思春期の最大の残念エピソードです。それ以来、父とは想像通りの気まずい関係でした。
まぁいくら娘とはいえ、カギ付き日記帳のカギをこっそり開けて盗み見は良くないですが、親となった今なら、その気持ちもよく解ります。そんな父を許してあげられないまま、父は亡くなってしまいました。その事だけは、私の人生で最大の後悔としてこの胸に深く残っています。
田園調布は今でも大好きな町です。宝来公園も今でも大好きで幼い頃の子供達を連れて、何度も遊びに来ました。
そして、池を見る度にこのエピソードが頭をぐるぐるします。
 その反動でか、子供達が小さい頃につけていた日記帳は何かのキッカケで勢い余って池にでも捨てられちゃ大変…とクリアケースにきちんとしまってあります。大人になって親になった時にでも、お酒を飲みながら、幼少時代の日記を読み返したら楽しいだろうなぁ…。コレ誰だっけ!?こんな事あったっけ!?こんな所行ったっけ…!?そして、親の愛を感じる事と思います。私に出来なかった素敵な経験を、子供達にはしてほしいなーと思います。
 最後に読者の皆様、人間の本能に打ち勝つのは大変難しい事ですよね。我慢できなかったバージョンの結末がコレです。皆さんも気をつけて下さいネ(笑)。
おしまい
★次回更新は、7月13日(水)更新予定です。
お楽しみに。



岸谷 香
1996年5月31日、武道館公演をもってプリンセス プリンセスを解散。1996年結婚。
1997年奥居香ソロとしてシングル「ハッピーマン」を発売し、ソロ活動をスタートさせた。
2001年子供を授かったことをきっかけに岸谷香に改名。
2012年、東日本大震災復興支援の為、16年振りにプリンセス プリンセスを一年限定で再結成。
2014 年ソロの活動を本格的に新たにスタート。2015年6月24日シングル「DREAM」を発売、
2016年5月、10年ぶりのオリジナルアルバム「PIECE of BRIGHT」リリース。
「KAORI PARADISE」と題し、ひとり弾き語りライブを毎年実施。
2018年ガールズバンドプロジェクトを立ち上げ、ミニアルバム「Unlock the girls」をリリース。
2019年3月豊洲PITにて東日本大震災復興支援ライブ「The Unforgettable days」を実施。
2020年2月には岸谷香感謝祭と題しゲストを迎えてのコラボライブを毎年実施。
2021年2月ミニアルバム「Unlock the girls3-STAY BLUE-」をリリース。
2022年5月からは3年ぶりになるバンドライブ55th SHOUT!ツアーを実施、
9月からはKAORI PARADISE2022が予定されている。

お知らせ
レギュラー
・ラジオNHK-FM「岸谷香Unlock the heart」
毎週金曜23:00〜スタート
・ニッポン放送「オールナイトニッポンMUSIC10」
毎月第四水曜日22:00~スタート
LIVE情報
【sugarbeans感謝祭 〜つぶあんこしあんトレビアン大集結!〜】
日時:2022年7月28日(木)18:00 OPEN 19:00 START
会場: LIQUIDROOM
チケット料金:前売り \6,500(1ドリンク別)
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
(出演者第二弾発表)
岸谷香/堂島孝平/中田裕二/けんいち/大森靖子/riko/吉澤嘉代子/Tommy & Sammy ほか
―――――――――――――――――――――――――――――――
(出演者第一弾発表)
設楽博臣(Guitar)/千ヶ崎学(Bass)/張替智広(Drums)/伊沢麻未(Chorus) /湯本淳希(Trumpet)/中村尚平(Saxophone)/sugarbeans 
●一般発売<先着> 4/23(土)AM10:00
チケットぴあ:0570-02-999
【KAORI PARADISE 2022】 第一弾スケジュール
2022年
■9月3日(土)東京・たましんRISURUホール 
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月4日(日)神奈川・関内ホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月18日(日)兵庫・西脇市市民交流施設 オリナスホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■9月19日(月祝)福井・ハートピア春江
開場15:15/開演16:00 チケット料金 全席指定\5,000-
■9月24日(土)岐阜・不二羽島文化センター みのぎくホール
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月2日(日)埼玉・上尾市文化センター
開場15:00/開演15:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月15日(土)鳥取・境港市文化ホール シンフォニーガーデン
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
■10月29日(土)山形・新庄市民文化会館
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,700-
■11月12日(土)東京・江東公会堂ティアラこうとう
開場16:00/開演16:30 チケット料金 全席指定\6,000-
※2歳以下膝上1名まで無料(座席が必要な場合有料)3歳以上はチケットが必要。
【KAORI PARADISE 2022宝くじ文化公演】
福島2公演は宝くじ文化公演となります。
チケットの販売は福島県在住の方のみが対象となりますので予めご了承ください。
■2022年10月9日(日)
福島・伊達市ふるさと会館 MDDホール
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月9日(土)
<問合せ>伊達市ふるさと会館MDDホール 024-583-3244
■2022年10月10日(祝月)
福島・サンライズもとみや
開場15:30/開演16:00
チケット料金 <全席指定>
一般¥2,500円(当日3,000円)/ 高校生以下1,500円(当日2,000円)
※宝くじの助成による特別価格
一般発売 2022年7月28日(木)
<問合せ>白沢公民館 0243-44-2350
【Mt.FUJIMAKI 2022】
2022年10月1日(土)
会場:山梨県・山中湖交流プラザ きらら
詳細はこちらまで http://www.mtfujimaki.com

関連キーワード


おすすめ情報

東京MY STORYの新着

記事一覧