泉 麻人【東京深聞】名庭園の横の中国茶房 清澄『楽庵』(江東区・清澄白河) ~ぐるり東京 町喫茶さんぽ~

2022年6月3日 10時00分
 

「泉麻人 絶対責任編集  東京深聞とうきょうしんぶん」がリニューアル!泉麻人さんとイラストレーターのなかむらるみさんが、東京の喫茶店をめぐる街さんぽエッセイ。さんぽ途中で町の喫茶店を訪れ、店の生い立ちなどをマスターに深く聞きます。今までの「東京近郊気まぐれ電鉄」もバックナンバーとしてお読みいただけます。

名庭園の横の中国茶房 清澄『楽庵』

 清澄白河の名がポピュラーになったのは半蔵門線の駅ができた2000年代以降のことで、町名は駅の西側が清澄、東側が白河、三好などと付いている。清澄の名のもとになったのは「清澄庭園」と思いきや、ここは大名屋敷(松平家や久世家、紀伊國屋文左衛門邸の時代も)の跡を岩崎彌太郎が買い取って庭園に整備した明治の頃は「深川親睦園」といったそうで、それ以前から庭園西側の隅田川ベリに付いていた「清住」の町名が源らしい。江戸後期、あたりの干潟開拓に貢献した清住弥兵衛なる人物に由来するという。
 ともかく、清澄庭園の緑と小名木川、仙台堀川の水辺、さらにキヨスミシラカワの響きが美しいせいもあるのか、最近は下町のオシャレエリアとして人気が高い。カフェの激戦地としても知られる。清澄庭園の他、深川江戸資料館や相撲部屋、萬年橋(小名木川)の向こうの芭蕉庵…観光名所も多いけれど、町喫茶探訪前の散歩コースとして今回は東方の「東京都現代美術館」をめざした。ここで開催されている「生誕100年 特撮美術監督 井上泰幸展」(6月19日まで)というのを見たかったのだ。
 生誕百年を祝して展覧会が開かれた井上泰幸とは、東宝特撮映画の美術監督として活躍した人。円谷英二の下に付いて初作の「ゴジラ」をはじめとする一連のゴジラ映画や「美女と液体人間」などの怪奇モノ、「日本海大海戦」や「日本沈没」、テレビシリーズでは「ウルトラQ」…と、つまり、僕が少年時代に熱中した怪獣特撮モノに欠かせない人だった。
 展示物の中でもとりわけ、「空の大怪獣ラドン」の福岡中心街を描いた精密な巨大セットに目を奪われた。僕が生まれた昭和31年の映画だが、ラドンが飛来する博多天神の岩田屋デパートや西鉄電車が停車する町並が、ホームの小さな看板ひとつまでホンモノのようにミニチュアで再現されている。

「空の大怪獣ラドン」で知られる西鉄福岡駅周辺をミニチュアで再現。「岩田屋再現ミニチュアセット」(監修:三池敏夫、制作:マーブリングファインアーツ、背景画:島倉二千六)© TOHO CO., LTD. 

 美術館を出て、お寺の多い三好の界隈を歩いて清澄通りに突き当たると、道の向こう側の清澄庭園の森の手前に2階建(3階を建て増しした家も)の四角い建物が帯のように横並びしている。ちょっとカタい呼び名でいうと、「旧東京市営店舗向住宅」。昭和のド頭、昭和3年に当時の東京市が建設した洋式の住宅群なのだ。

清澄通り沿いにある「旧東京市営店舗向住宅」

 10年ほど前、この一画のカフェ(サクラカフェといった)を取材させてもらったことがあったけれど、今回訪ねた「楽庵」という店は表通りに面したところはギャラリーになっていて、奥の方で女主人が中国茶専門の喫茶コーナーをやっている。
 「もう18年になるんですよ。中国の烏龍茶が好きなので、中国茶専門のお店にしました」
 厨房のマダムの背後の棚には中国茶の缶が数々と置かれ、メニューには烏龍茶の他、黒茶、紅茶などと分類されて中国、台湾の茶種が掲げられている。僕は台湾の佛手烏龍茶ホトケテウーロンチャ(仏様の掌のような茶葉)、なかむら画伯は龍芽茶リュウガンチャ(杭州産)というのを注文、ギャラリーを兼ねた店とはいえ、小さな急須とガラス容器を使って、本格的に茶は振る舞われる。マダムは、何度か行った浙江省で、「茶芸師」の資格を取得しているという。

台湾の佛手烏龍茶(1200円)

 「そもそも、息子がやる鍼灸院の場所探しから始まったんですよ。清澄庭園の横のここに空きが出たって聞いて、2階で鍼灸院、下を私が使うことにしたんです。よろしかったら2階も覗いていってください」
 玄関口の隅っこの狭い階段から2階へ上がると、カーテンに覆われた一角で息子さんは施術の最中の様子だった。

正面から見えるのは、緑あふれる自然豊かな清澄庭園。

 そしてこの2階、廊下の突き当たりの眺望がいい。1階の喫茶スペースの奥の窓にも多少垣間見えたけれど、こちらは窓が広く取られていて、塀のすぐ向こうの清澄庭園の池と森が、まさに“至上の借景”という感じで眺められる。この2階の方をカフェにする、というプランはなかったのだろうか…。

今回訪れた喫茶店

楽庵
住所 東京都江東区清澄3-3-23
電話番号 03-5621-4777
営業時間 月・木~土 11:00~18:00
     水・日・祝 11:00~17:00
定休日 火曜
※新型コロナウィルスの影響で、掲載したお店や施設の臨時休業および、営業時間などが変更になる場合がございます。事前にご確認ください。
※2022年6月3日時点での情報です。
※料金は原則的に税込み金額表示です。

PROFILE

◇泉麻人(コラムニスト)
1956年東京生まれ。慶応義塾大学商学部卒業後、編集者を経てコラムニストとして活動。東京に関する著作を多く著わす。近著に『黄金の1980年代コラム』(三賢社)『夏の迷い子』(中央公論新社)、『大東京23区散歩』(講談社)、『東京 いつもの喫茶店』(平凡社)、『1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。』(三賢社)、『冗談音楽の怪人・三木鶏郎』(新潮新書)、『東京いつもの喫茶店』(平凡社)、『大東京のらりくらりバス遊覧』(東京新聞)などがある。『大東京のらりくらりバス遊覧』の続編単行本が2021年2月下旬、東京新聞より発売された。
◇なかむらるみ(イラストレーター)
1980年東京都新宿区生まれ。武蔵野美術大学デザイン情報学科卒。著書に『おじさん図鑑』(小学館)、『おじさん追跡日記』(文藝春秋)がある。
https://tsumamu.tumblr.com/

◆書籍本のお知らせ◆

待望の街コラム散歩エッセー 第2弾『続 大東京のらりくらりバス遊覧』として書籍化!
泉麻人 著  なかむらるみ 絵
定価1,540円(10%税込)
四六判 並製 214ページ(オールカラー) 
あの路線のあのツウなスポットをバスで探索する、ちょっとオツなバス旅エッセー待望の第2弾!“バス乗り”を自認する泉麻人さんが、人間観察の達人・なかむらるみさんを相棒に路線バスで東京あたりを探索。訪れたのは、有名どころから「東京にこんなところがあるの?」という場所、読むとお腹がすきそうな美味しい店や、完全に泉氏の趣味な虫捕りスポットなど盛りだくさん。面白い名前のバス停もしっかりチェックしています。
日々進化を遂げる東京(とその周辺)のバス旅、あなたも楽しんでみてはいかがでしょう。
第2弾『続 大東京のらりくらりバス遊覧』書籍の⇒ご紹介はこちらから
第1弾『 大東京のらりくらりバス遊覧』過去2年分(第1話~第24話)

関連キーワード


おすすめ情報

泉麻人 東京深聞の新着

記事一覧