群馬県内の児童虐待相談1909件 過去2番目の高水準 21年度

2022年5月31日 08時04分
 群馬県内の児童相談所に寄せられた二〇二一年度の児童虐待に関する相談件数は千九百九件に上り、過去二番目に多かった実態が県の調査で分かった。相談件数は二〇年度まで十二年連続で過去最多を更新し続け、今回は最多だった二〇年度の二千二百八十六件に比べて16%(三百七十七件)減少したが、依然として高水準を続けている。(池田知之)
 相談内容の内訳では、言葉による脅しや子どもの前で配偶者らへの暴力や暴言など「心理的虐待」が全体の62%に当たる千百九十二件(前年度比百九十件減)。次いで、殴る蹴るなどの「身体的虐待」が22%の四百十四件(同百二十五件減)、食事を与えなかったり、不潔なまま放置したりするなど「ネグレクト」が14%の二百七十三件(同五十七件減)、「性的虐待」が2%の三十件(同五件減)だった。
 主な虐待者は、実母が全体の45%に当たる八百五十人、実父が42%の七百九十五人、実父以外の父が8%の百五十八人など。
 虐待を受けた子どもの世代別は、小学生が全体の33%の六百三十三人、三歳から未就学までが27%の五百六人で、二歳までが21%の三百九十二人、中学生が14%の二百六十五人、高校生などが6%の百十三人。相談の経路別では、警察などが全体の34%の六百四十六人、近隣や知人が20%の三百九十人と続いた。
 二〇年度は新型コロナウイルスが感染拡大し始め、生活様式が変化。家の中で過ごす時間が増え、近隣家庭から怒鳴り声が聞こえるなど虐待を疑う通報が増え、相談件数は過去最多となったとみられる。
 二一年度の相談件数は二〇年度より減ったが、コロナ禍前の一九年度と比較すると百十件(6%)の増加。県生活こども部は「必ずしも全体としては大きく減ったとは言えない」と指摘し、児童虐待防止条例を推進していくとしている。虐待相談は全国児童相談所虐待対応ダイヤル=189=などで受け付けている。

関連キーワード


おすすめ情報