<マンスリー原子力施設>三菱原燃 検査官に虚偽報告

2022年5月31日 11時32分

原子力規制庁の検査官への虚偽報告などが発覚した三菱原子燃料=東海村で

 ★…原子力規制庁は18日の原子力規制委員会の定例会合で、三菱原子燃料(東海村)が核燃料製造工場の検査に関し、検査官への虚偽報告や記録の改ざんをしていたと明らかにした。
 規制庁によると、同社は2021年12月に検査官の現場確認を受けた際、核燃料加工の工程で用いる分析装置を床に固定する耐震補強工事を実施していないとうその説明をしたほか、つじつまを合わせるために関係書類を差し替えた。規制庁は意図的な不正行為と認定し、再発防止を求めた。
 同社は加圧水型原子炉(PWR)向け核燃料を製造しているが、現在は停止中。当初は21年11月の再開を目指していたことから、「工程のプレッシャーが大きかった」と説明したという。
 ★…日本原子力発電東海第二原発(東海村)では、最大17.1メートルの津波を想定した防潮堤建設工事の北側区間で、骨組みの鋼管杭をコンクリートで覆う作業が始まった。南側区間では先行して行われている。
 ★…東海第二では作業員らのけがが続いた。原電は2日、重大事故に備えて冷却用の海水をためておく「海水ピット」底面の鉄板をクレーンでつり上げた際、男性作業員の顔に当たったと発表。11日には、男性警備員が海水ピット底部で踏み台から降りようとして近くのパイプに手を突き、右肩をひねるけがをしたと発表した。
 ★…原電は11日〜25日、東海第二で働く社員や作業員ら6人の新型コロナウイルス感染を発表した。日本原子力研究開発機構は2日〜27日、県内の原子力施設などの職員や作業員ら計30人の感染を発表。いずれも原子炉や核燃料物質などの安全管理に影響はなかったとしている。(宮尾幹成)

関連キーワード


おすすめ情報

茨城の新着

記事一覧