立民、「原発ゼロ」盛り込まず 参院選公約のエネ政策

2022年6月3日 19時41分 (共同通信)
 立憲民主党は3日発表した参院選公約のエネルギー政策を巡り、党綱領や昨年の衆院選公約で記した「原発ゼロ社会」との表現を盛り込まず「原子力発電に依存しない社会を実現」と掲げた。「原発ゼロ」に対し、最大支援組織である連合が難色を示していた。立民幹部は「原発ゼロはイデオロギー的な表現なので外した」と明かした。
 自民、公明両党は参院選をにらみ、連合に接近を図っている。こうした現状が立民の公約に反映した可能性がある。
 立民は綱領で「原子力エネルギーに依存しない原発ゼロ社会を一日も早く実現する」と明記している。

関連キーワード


おすすめ情報

政治の新着

記事一覧